自分に卑屈なお嬢の独り言(ジェンダーレスの話)

私は女の出来損ない。
近年ジェンダーレスがブームな中何となく生きやすくなったのが私。昔からよく男の子に間違われることが多かったわ。
幼稚園から小学校低学年まではやんちゃで活発な子。だけど小学校高学年から高校にかけては男のような女になった。成長するにつれて何が女の子らしいのか分からずもがいていた。本当なら可愛い服を着てみたかったし、髪も綺麗に巻いて出かけてみたかった。でも自分には似合わないと断念したの。それは女の子としての自信がなかったから。そして最近はジェンダーレスという言葉で片付けられるようになった私。なんとなく息がしやすかった。どちらの性別にもなれる=女の子になれる。別に男の子に見間違うのはいい。しかたない。最初から性別なんてわからないもの。でも、「男っぽい」と親密な関係な人から言われるのはときとして女の子を傷つけるかもしれない。それは男の子でも言えること。
周りから見れば男っぽく振る舞っているように見える私。最近の私は口紅とヒールが手放せない。それはささやかな私の女の子としての魔法。周りからは「ハイヒール男子」「オネェ」なんて性別さえ変えられてしまうけど、メイクの最後に紅をさしてヒールをはいて外に出れば少しだけ女の子になれた気分になるの。それだけで私の世界は明るく見える。馬鹿らしいしくだらないと思う人もいるかもしれない。それでも私は今やっと自分のついてしまったイメージと戦いながら理想を目指す決心がついたみたい。ジェンダーレスでもいい。私はなりたいように生きたいようにするわ。
ごめんなさいね。ただの独り言よ…。