ラスト ギグス

やはり、来るべき日が来た。
続けようと思えば続けれただろうが、やはり納得がいかない事がやけに目につくようになってきた。
遠距離恋愛にて、こちらだけが彼女の家に行く。向こうからは一度も来た事がない。
あまり、お金の事は言いたくないが、半年付き合って、一度たりとも彼女が財布を出した事がなかった。
会計の時は決まってトイレに行く。
いくら、バツイチ同士の交際だとしても、お互いの助け合いがない恋愛は、俺からすると全く価値のない無駄な付き合いに思えてきた。
彼女は「遠距離」だから車を運転してそちらに行けない。今まで県外に出た事がないと、盛んに俺に言ってたが、
俺から言わせれば、同じ県内で近くに住んでいても、あまり会うような人ではなかっただろうし、交際を続けていく事は困難だったと思う。
別れてから、過去に付き合った女性の悪口を言う男は最低だと思う。
何度も親しい友人に状況を伝えアドバイスを求めたが、二人とも首をかしげるばかりだった。
私、「天然」だから…
それは天然じゃない。ただのワガママなんだよ。
とにかく、俺に悪い所はなかったか?
何度も何度も問いかけてみた。
何も悪い事はしていない。
納得は出来なかったが、別れた。
それでも、彼女は最後 涙を見せた。
男は、いかなる女の涙でも、その前では無力だ。
良き思い出というには、どうかと思うが、
女性に問題があったのも事実だが、
男にとっても女性にとってもパートナーはミラー的存在。
今の自分も同類だと、今回の別れを真摯に受け止め、新たな恋愛に向けて準備をしたいと思う。
もう、俺の携帯の中には彼女の電話番号もラインもない。
一瞬だけでも一緒に過ごさせてもらった時間を今では感謝してる。
別々の道を歩く事になったけど、幸せになろうな。
帰りの高速道路の車内で、彼女が好きだったBOOWYのLAST GIGSを流しながら約半年間の思い出にピリオドを打った…。