セイキンは観てはダメ

子供がヒカキンにハマって最近Youtubeを見る時間が増えている。
一応ヒカキンのYoutubeが一体どんなもんかは保護者としてそれが適切かどうか一緒に観て確認したが割と害のない内容なのでヒカキンならいいかと判断し、Youtuberの中では唯一ヒカキンはOKということにしている。
しかしヒカキンの兄、セイキンは我が家では禁じられている。理由はうちの妻がセイキンの顔がなんか怖いというそれだけの理由からである。セイキンの顔を見ると、バスタブやプールの栓を抜いたときに、その水が排水用の穴に吸い込まれてしまうの同じような感覚、何か自分がセイキンの顔の中に吸い込まれていくような妙な不安感を覚えるのだそうだ。
セイキンはとても良い人で内容も極めて健全である。セイキンももはや一種の公人であるとはいえ、他人の顔が苦手だとかそういう話はあまりしたくないが、しかしそれが生活に必須ではない娯楽面のことだとするとそれは妻の気持ちを尊重すべきである。俺は子供たちの親でありまた夫でもあるので妻の意見も尊重せねばらなず、安易な策とは思いながらもこうしてセイキンは禁止ということになってしまった。子供たちにはその辺の人のルックスに関わる細かい理由は言わずとりあえず「観すぎてしまうと目が悪くなるから観て良いのはヒカキンだけ、たとえ実兄のセイキンでもダメ」という大儀でもって伝えると理解してくれたらしく一応そういうことになった。(その実、親のコントロール外でいろんなYoutubeチャンネルを際限なく見せたくない気持ちもあるので、半分は言葉通りであるが)

先日フラッとリビングに行くと子供たちが俺が来たのをみるや何やら慌しく動画を止めようとしていたので「なんだなんだ」と何を見ていたのか確認していたらば案の定、禁止されているはずのセイキンであった。厳密にはサンタクロースの格好をしたヒカキンとセイキンが電気屋で視聴者プレゼントを買うというHikakin TVの企画。セイキンはその回のゲストだったようだ。

「お前ら、これは禁止されているはずのセイキンやないか!」
自分で言っておきながら極めておかしなセリフである。いや、例えそうでもである、そんな事を子供に言ってプラスになる気がせず、「ヒカキンがゲストで呼んだときのセイキンは見ていいよ」という複雑なルールで手を打つこととした。