修繕することになりました。※追加修正あり

タグつけておきます。
6/18の地震の後、我が家、人的被害は無かったものの、家屋外壁が基礎から大きくひび割れてどうしたものかと途方に暮れてまして。
ようやく第一段階の目処がついてこのノート書いてます。
何が助けになったかというとTwitterのリツイートやタイムライン。
数年前までTwitterでは良い思いばかりじゃなく嫌な思いが多かったのでアカウントを消したのです。
昨年から怪談アカウント含めてshort noteのアカウントで再開しまして、今回自分にルールや線引きを設けていって、それで、今回の地震で助かったことなど書きます。
とにかく、色々調べる中で何から手をつけていいやらわからなかった時に同じように悩んでいる人向けに発信していた方、過去に被災された方が「こんなことをしたよ!」という経験談など書かれてまして、それがどれだけ助かったか。
阪神大震災を経験してはいますが、そこからさらにアップデートする必要があるなと感じたのです。
なので、今回、家屋が罹災といいますか地震を起因とした破損がありましたので同じように感じてる方向けに。

地震や災害が起きたら

・身の安全の確保
・掃除や片付けよりも先に被害の写真を多めに写真に撮る。
(今のスマホや携帯でもオッケーです)
・保険会社や(賃貸の場合)大家や建築メーカーに連絡
・保険会社→①写真を撮る、②修繕業者に見積りする際のアドバイスをもらう
これで大筋の順番の整理がつきます。
・公的機関の援助→①罹災証明の有無、②災害ボランティアに依頼
・災害ボランティアに依頼する場合
→①処分するもの、②家主の確認を必要とするもの、③必要なもの
かの要点を伝えないと、大事なものでも破損したものは処分される可能性があるので、手伝いに来てくれた人には細かく指示しても良い。
家族や親戚の手伝いで分担する場合も同じ。
・修繕業者に見積りを依頼→既知の業者さんでも数社は見積り貰った方がいいです。
今の所、我が家は保険会社に連絡→修繕業者の見積り依頼中の現状。
先に修繕業者さんに連絡入れて見積りとってもオッケーです。その場合、保険会社にも連絡入れる旨を説明して、目視では確認できない修繕箇所の写真を撮ってもらっておく。
全てが上手くいくとは思ってないけれど、何から手をつけて良いかと悩んでる人がいたら一助となれば幸いです。
あと、過去ノートでお便り頂いたのにお返事できず申し訳ないです。
時間かかりますがお返事できるようにしております。
今はすみません。
豪雨の被害に遭われた地域の方、少しでも早く日常を取り戻せますように。
亡くなった方、今も大変な状況の中のご遺族の方に哀悼の意を表します。