過食嘔吐と田舎暮らし(2)

今日一日、田舎で過ごして思ったことがあります。
「心がとても穏やかだったなぁ」って。
過食嘔吐のストレスと学校などに追われる日々。
心も身体も忙しかった。
今日一日は、父と祖母が一緒にいてくれました。
そのおかげかな?とても安心して過ごすことが出来ました。
けれど本番はここからです!
明日からは、食事から何から全部、自分でやらなければなりません。
食事のタイミングや量、間食しても良いのか、などなど。。。
自分で決めなければならないのです。
みんなが当たり前にやっている事が、私には出来ない。
それが悔しい反面、病気だからと甘えたくはないのです。
ここでの生活を楽しみつつ、少しでも回復に向かっていけるように頑張ります!