包丁浪人

本を買いました。
芦川淳一さんの「包丁浪人」。
清水おでんさんのこのノートに触発されて、いかにも面白そうで、これは是非読んでみなければ!と本屋さんに行きました。今まで一度も時代物は読んだことないのだけど、すんなりページをめくることができました。
落語を聴いているような語りのスピードがわたしには心地よいです。
テンポが良くて足止めをくうことなく話が進むようです。
まだ10ページしか読んでないんですけど(笑)、料理をする浪人ってどんなんだろう?とワクワク♪
ステキな作家さんのご紹介に感謝します。こんなことがなければ読むことはなかったと思いますから。