大げさなくらい、身を守る。

朝から台風情報を見ながら怯えている。
どうやら私の住む地域は直撃を受けるようである。
私の地域は山もなく海もなく、大きな川があるものの住まいからは離れているために、今までどんなに天候が荒れても被害を受けることはなかった。しかしあの千葉県の被害を見せつけられた時、恐怖を感じずにはいられなかった。
いくら浸水などの被害は起こらない場所であったとしても、風の怖さ雨の怖さは甘く見てはいけないのだ。明るいうちに、雨が降り出す前に。
とにかく家の周りの植木鉢などを非難させ、自転車も倒して柵にくくりつけた。庭のおんぼろパラソルも分解して荷造り紐でぐるぐる巻きだ。こんなの飛んだらシャレにならない。
一番心配なのが停電、断水である。気象庁発表の停電リスク地域にしっかりうちも入っていた。マジか…。怖い。怖いよぅ。
水はダンボールで買ってある為大丈夫だ。カセットコンロとガスは日常的に使っているので大丈夫。懐中電灯、、、あ、電池が足りないかな。いや、ナチュラルテイストにかぶれていた時のキャンドルがいっぱいあるじゃないか。ナイス、あの頃の私。
食料も、停電に備えて冷蔵庫に入れないですむものを少し買い足してきた。スーパーは昼も夜も混んでいた。
雨が降り出しているものの、外はまだ静かだ。
この静かさが、きっと呑気な気持ちにさせるんだな。
台風襲来でこんなに大騒ぎしているのにかかわらず、結婚式は根性でやるらしい。新郎新婦の気持ちを思うとなんとも言えないが、(…マジ?)と小さく小さく心で思う。夫が心配でならない。交通も麻痺するであろうに。サバイバルである。
行ってしまったら3日は帰ってこれないであろう。片道切符の新幹線だ。その間、もしもこちらが大変なことになってしまったら私は一人で家を守らねばならない。サバイバルである。
台風のおかげでバタバタだ。バタバタに巻き込まれている人々の気に当てられてしまい、疲れが二倍にも三倍にもなっている。気づいたら全身じんましんだ。とにかく何があってもなんとかせねば。窓から外を眺める。はぁ…大きな被害が出ませんように…
って、コラァーーッ
それは何かあった時用のチキンラーメンじゃ!
粉々にしてオヤツにするなーーーーッ