My Favorite Things

次女が飛行機に乗って東京に帰って行きました。
寂しい。
次女がいると、そうだ我が家はこんな風に賑やかだったなって思い出して毎日楽しかった。
それだけに帰ってしまうとまた寂しさで胸に穴が開いた感じ。
とても寂しい。
搭乗口で別れたあと、次女から写真が送られてきました。
「おかやん、お気をつけて」
と、言葉を添えて帰りの道中を気遣う娘。
写真は我が家の玄関の置き物。
わたしのお気に入り達。
いつの間にか玄関を撮っていた娘。

プーさん、SNの記念に買ったスヌーピー、娘達が母の日にプレゼントしてくれたくまのぬいぐるみ付きの花、そして亡き親友が目が見えなくなる間際に作ってくれた花。
それから兄の最後を看取った時に沖縄で買った小さなシーサー。
全部とてもとても大事な思い出の詰まったもの。
いつも玄関で見ているはずのこの写真のMy Favorite Thingsを見たら涙がぽろぽろ。
マスクしてるから顔で見えているのは目だけ。涙流しっぱなしで車まで歩きました。口はマスクの中でへの字に曲がっていました。
なんだろうな
「お母さんのお気に入り達だ」
って撮ったのかな
離れていても心は同じところにあるよ
おかんの大事なもの、わかっているよ
っ伝えてくれたのかな
わたしの大事なものは、そばにもあるけどうんと遠い空にいるあなたもだよ
わかってるよね
大好きでとても大事な娘
会いたくてもすぐに会えないからなおさら寂しい
お互いに頑張ろう
搭乗口で膝で挨拶を交わし笑って別れたから
わたしは明日も仕事頑張る
毎日一生懸命、そして楽しく生きる