Back of an elephant

『チャレンジ』
この言葉が嫌いだ。
挑戦には失敗がつきまとう。この歳でわざわざキツイ思いもしたくないし今更、自分を成長させる必要なんてなし!と思う。
一方で、少しだけ引っ込み思案な長女には、チャレンジする事の大切さを教えなければならぬ。とも思う。
という事で、死ぬほど嫌いだったマラソンをはじめた。毎日走るようになって、走れる距離が少しずつ伸びてきた。この喜びはチャレンジの産物か?
まずは10キロ。そしてこのなまった体を叩き直しながら、来年にはフルマラソンに挑戦してやろうと思ってる。
『毎日コツコツ』
この言葉が大嫌いだ。
昔からこの「コツコツ」という響きがイヤでたまんなかったし、夏休みの宿題は最終日にぜんぶやった。それで何の問題もなし!って思う。
一方で、子供の頃の自分にそっくりな次女には毎日コツコツすることの大切さを教えなければならぬ。とも思う。
ということで、中学生レベルの実力しかない英語の勉強をコツコツはじめた。ヒアリング?何言ってるかわかんないが、たぶん英語なんだろう。それが次第に聞き慣れてくると、時折、単語が頭に飛びこんでくるになった。この現象はコツコツの産物か?しかしながら、酔って帰った日の勉強は辛い。
『夢』
最近は見なくなった。現実を知ったから。大人になったから。たくさんの夢をあきらめて、手に入れた今があると思う。
一方で、未来ある我が子たちにはキラキラした夢を持って成長してほしいとも思う。
ということで、小学校の笛以外吹いたことはないが、こっそりサックスを習いはじめた。音楽は人生を豊かにする。どんな形であれ、来年にはステージに立った自分の姿を子供たちに見せたいと思ってる。
言葉で伝えられることはわりと少ない。一緒にいられる時間も。
このちょっと頼りない背中を見せることで、伝えられる何かが一つでもあればいい。
いつまで続くかわからないけど。