衝撃!同居前に義母から言われた事

私が嫁いだ先のブラック義実家のお話です。
※愚痴要素ありの為気分を害しそうな方は閲覧しないでください。
同居が決まり旦那からは『空き部屋があるからそこを使うように』と言われた。この空き部屋とは厳密にいうと"洗濯物の部屋干しの部屋"のことです。私は実家で妹と部屋を共有し自分だけの空間は無い生活だったので、義実家では元々ある旦那の部屋とその空き部屋を2人の空間にしようと考えていました。
旦那の義実家は当時築3年程で5LDK。
一階に義祖母の部屋。二階に旦那、義父母、義妹、そして空き部屋がありました。
ここで『おや?義妹?』と思った人。
そうなんです、私より4つ年上で当時あと数ヶ月でアラサーの"義妹"が居たんです。
ちなみにこの"義妹"については別のエッセイでじっくり書かせていただきたいと思います。
当時私は義妹が住んでいる事は知っていました。まあ実家ですから。でも一緒に住むのには抵抗があったので、義妹が一人暮らしするまでは同居しないと旦那に言っていました。(ちなみに義妹は自分の口からすぐ一人暮らしすると言っていました。)
すると義父が『なんで早くこないんだ?早く嫁いで来い』と痺れを切らして旦那に言うようになり、私はその事実を聞き『これでは同居前からギクシャクしてしまう。義妹もすぐ出て行くと言っているし少しの辛抱だ!同居しよう!』と同居を決意しました。ここで何故同居の選択肢1つなのかというと、その新築の家のローンは旦那が半分返済しているからです。(厳密には旦那が7割程度負担することになる。)
そんなこんなで、これから嵐が来そうな同居を選択してしまったのです。
私が受けた初めての衝撃。それは同居の1週間前、義母と近所の挨拶周りに行った時のことです。車中では義母、旦那、私でたわいもない会話をしていて、同居の話になりました。
義母『あの空き部屋そのまま洗濯物の部屋干しの部屋にも使っていいよね?』
はい??
え?息子夫婦の部屋にはいってくるんですか?
旦那よ、義母の了承得てないのか?
と様々な疑問がありましたが、その場ではNOとはいえず
私『あっ、、はい、、』
と返事する他ありませんでした。(旦那は何も言ってくれない)
後から旦那に聞いたことをまとめると
.義母とはそこまでしっかり話し合っていなかった
.別に洗濯物関係で部屋に入ってくるならいいかと思って、その場では何も言わなかった
ということでした。
しっかりしてない旦那も悪いが、なんの躊躇いもなく新婚夫婦の生活空間に洗濯物を干せる義母の神経を疑いました。
結局その事については旦那に再度義母と話すよう伝え、最終的には部屋を勝ち取りました。
しかしここで問題が発覚。
実は今まで天気がいい日は二階のベランダに洗濯物を干していたそうですが、ベランダはこれから2人の空間になる2つの部屋としか接していなかったのです!!
数日後旦那から
『母親が俺たちの部屋に入れなくなって洗濯物干すスペースが無くなった。遠くまで干しに言ってて大変そうなんだけど。』
当時の私は今程義母への嫌悪が無かった(寧ろ好きだった)ので、距離が離れたところに干すのは大変だろうから通るだけならまあいいか、、、という気持ちになり了承しました。
後日
私『遠いの大変だと思うのであの部屋通ってベランダ使ってもらって大丈夫です。』
義母『いやいや!2人の部屋に入るのは気を使うからやめとくよ!』
と予想外にまともな回答が返ってきました。
言われてやっと気づいたんだな〜と少し安心しましたが、同居前からこんな暗雲が立ち込めていて、この先どうなるかと不安を駆り立てる一連の出来事でした。まあ、この不安は次々と的中していくので、段々と投稿させていただきたいと思います。
長文お付き合い頂きありがとうございました。