泣いちゃう時の言い訳

10代の頃、意味もなく尖ってみたりして、
泣くものか、泣くのは敗北
笑うもんか、きっとそこには媚びが混ざる
などとうそぶいていたことがある。
ところが今や、たいして面白くなくても合わせて笑い、涙腺も脆くてすぐ泣けてしまうのだった。
特に泣くことに関しては、昔と違って、悲しい辛い時よりも、人の思いがけない優しさの投げかけが心に沁みて
我慢できずに涙が出る。
人って、大人になると子供みたいに人前で顔をくしゃくしゃにして大声で泣けなくなるけど
ほんとはそうしたいのに抑えてるのかもなあ。
だから優しくされると護りが緩んで
泣けちゃうのかもしれないなあ。