夢は破れるもの

妻がキャラオケに行きたいと言いだしたのでお供をしてきました。
君は何か歌わないのか?と言われたので大人しく聴いていますと答えた所、じゃあせめて歌って欲しい曲をリクエストしてくれなどと詰められだしたので迷ったフリをしていると
「君はいま面倒くさいなと思って思考を放棄しているだろう?」
正解。
女の人の勘って怖い。
足をゲシゲシ蹴られだしたので意を決し
安藤裕子の「のうぜんかつら」でも歌ってくれませんか?
そう答えると
「誰それ。」
月桂冠のCMの。
自分のスマホで再生し聴かせてみる。
「あー。」
どうですか?
「嫌だ。」
な、なぜ…御無体な…
「嫌いなんだよね。ああいうタイプ。君には悪いけど。」
ドイヒー。
月桂冠のCMの様な夫婦になりたかったのに現実は無情である。
結局リクエストは無視された。
自分の歌いたい歌を歌い出す妻。
んんんん
うーんどこかで聴いた事があるような…。
ラストハルマゲドンのBGMじゃん!!
叫びだす僕
歌い出しを邪魔されてキレる妻
叱られてションボリした僕は
FGOのイベントでも進めるか。
そうだ呼符と無料石溜まってたんだ。
ライダーのカーミラさん当たらないかな?
カーミラさんほんとドスケベな見た目をしていらっしゃるグヘヘ
スマホを取り出しFGOを起動すると
妻に睨まれた
観念して備え付けのタンバリンで合いの手を入れる僕
機嫌よく歌う妻
安藤裕子似のおっとりとした雰囲気の妻と手を繋ぎながら夏の匂いがするねなど話をしつつ買い物に行き帰宅後は風鈴の音を聴きながら縁側でゆっくりとお酒を飲み笑い合う未来予想図は夢と破れ現実は80sソングを歌う妻にタンバリンで合いの手を入れる僕おじさんテーブルには気の抜けたコーラとぬるいウーロン茶
こんな妻と!
縁側で!
本当は!
地獄だここは地獄だ
僕の願い描いた未来予想図は破れ
身を落とした地獄、その名はカラオケボックス
ああ、夢は夢であるが故に
来世ではきっと僕は
夢を