【掘り起し】頑張れ!幸四郎くん。

これは、昨年の3月初めにupしようとした記事の掘り起こしです。
競馬では、いろいろな年度初めがあるのですが、3月は、新しい調教師、騎手がでてくるとき。
ということは、2月でホースサークルから去る人もいらっしゃるわけで、今年は、明日。
明日で、騎手生活を引退し、来月から調教師の先生としてデビューするのが、武幸四郎ジョッキー。
【追記】
あの天才武豊騎手の弟さんです。
現役時代は、大柄が災い(といっても競馬騎手が小さいからかも)し、減量など大変だったと聞きます。
それでも確か、デビューから二日目に初重賞戦に騎乗、初勝利(それが本人の初勝利だったそうです)、末っ子だったので、性格もなんとなくほんわかで、競馬場以外のエピソードもたくさん。
しかしながら、好騎乗も多く、秋華賞でのティコティコタックやオークスのメイショウマンボなどははまったいい例だったりして、ほんとは武豊騎手よりも天才かもしれないと思っていました。
最後は怪我ややはり体重だと思うのですが、上手く勝てなくなり、早めに調教師試験を受け、合格、引退となりました。
ということで、意外に調教師になると名伯楽になるかもしれない期待をしております。
しばらくは、厩舎を持たないようですが、いずれは、弟が調教師で兄が騎乗した馬がダービー、なんてこともあるかもしれません。
ホントに応援しております。
※追記
これを書く前の3月に厩舎開業となりました。
いきなりの初日1レースに「新兄弟丼」がありました。
これもいろいろな「噂」がありますが、きっちり勝つところはやはり、兄弟とも持ってる?