語学はコミュニケーション

前に、オープンキャンパスに参加した時の話です。
そのときは、英語の講義を受けさせてもらったのですが、そのときの講師の方の言葉がとても深く胸に残りました。
「語学はコミュニケーションをとるための1つの方法にすぎない。どんなに片言でも、相手に伝われば、コミュニケーションは成立する。」
その講師の方は、マレーシアの出身で、日本語を喋るのも難しいようでした。それでも、私達に一生懸命伝えようとして下さる姿勢、それに応えねばと言葉を聞き取ろうとする努力。
コミュニケーションは相手が居て初めて成立する、言葉だけでは足りないものを補う確かなものだと感じました。
お互いが相手の国や文化を良く理解し、思い合うことで、言語の違いなど容易に超えられる壁なのだと教えて頂きました。