マツムシソウ

マツムシソウ
マツムシソウ科マツムシソウ属の多年草
日本の固有種花期は8月から10月
この種はちょっと変わっていて、山地では花をつけてから枯れる冬型一年草(越年草)ですが、高知では秋に二年目の芽を出す多年草です。
薬草としても利用されますが、各都道府県では減少傾向にあります。
由来はマツム(スズムシ)がなく頃に花を咲かせることから。
近縁種
タカネマツムシソウシロバナマツムシソウなど
スカビオサという園芸品種は近縁種のセイヨウマツムシソウである事が多いそうです。
北海道・本州・四国・九州に分布
撮影は戸隠高原森林植物園・高山植物展示場。