例え胸の傷が痛んでも

私はパンの耳が好きだ。
むしろ食パンの本体は耳だと思っている。
白い所は耳を生産する際の副産物でしかなく、食パン部位ラルキー(食パンの部位のヒエラルキー)で言うと“耳になり損ねたけど食べても害は無い”くらいのポジションだ。
何を言いたいのかというと、食パン部位ラルキー(食パンの部位のヒエラルキー)の上位を占めるパンの耳の中でも、頂点に君臨する「パンの耳の下側」に明確な名称が無い事に強い憤りを感じている。
「パンの耳の下側」の事を誰にでも齟齬なく伝えるにはどうしても「食パンマンでいう顎のとこ」と言う他に適切な言葉が無い。そんなのは嫌だ。今を生きる事で熱い心燃える。だから君は行くんだどこまでも。