青蛙復活!?

出張先の仕事からの帰り、菊名の駅でエスカレーターを下ってホームに降り立ったとき、思わ自分の目を疑った。なんと東急の昔の深緑色の車輌「青蛙」があるではないか!
そう、現物としては渋谷のハチ公前に鎮座していた、あの車輌。深緑色で、軽く丸みを帯びており、顔の部分は蛙目のように大きな二枚窓の風貌から青蛙と呼ばれていたあの車輌。まさかそんなはずが…
よく見ると、今の車輌をリバイバルカラーに塗装(関東では塗装せずに全面ラッピング)したものだった。改めて見ると、なかなかどうして、昔の雰囲気を残している。かつて東急をよく利用していたけど、今の車輌が青蛙になるとは思ってもみなかった。
関東では銀色のステンレス車輌全盛で、何に乗ってもみな同じに感じることが多い。でも会社によって色を変えていてくれる方が乗っていて楽しい。やはり西武新宿線なら黄色、東武線ならグレーとか朱色、京成線や京急線なら赤色とか。
車輌には耐用年数の限りがあるから、新しいものに置き換えられるのは仕方ないが、カラーは守り続けてほしい。関西なら阪急電車の小豆色、京阪電車の緑と黄緑、近鉄電車はアイボリーに赤で特急は肌色に青という具合に昔と変わらぬ色のフルカラーの車輌が走っている。
最近、地下鉄の銀座線の黄色の車輌や、丸ノ内線の赤色の車輌が復活しているが、もっともっと色とりどりに復活してほしいものだ。
これぞ現代の青蛙