Shotenoteは「Twitterの気分で長文を書けるサービス」

なぜブログは「がんばらないと書けないもの」になってしまったのか | Short Note
の続き。
ブログって、このサービスを使ってそうなブログ古参層には当たり前だけど、もともとは「Weblog」であり、ウェブ上の記録であった。「ログハウス」からきてるとかそういう意味もあるとかあったっけ。
だから、ネット上に簡単に記録ができて公開できるシステム、以上のものではなかったんだけど、今では、他人が読んで、役に立つことしか書いちゃいけないということになってしまった。
「意見」「情報」の記録でないといけなくて、「感情」の記録をしたいと思っても、自分でドメイン取って、ブログをやると、「あなたの存在がいかに有用かを社会に向かってアピールしましょう」みたいになっちゃう。
norioさんがいう「SEOが悪い」というのは、「意見」「情報」でないとGoogle様が評価してくれないということだと思う。ブログを読んでもらうためには、「専門分野を持ちましょう」「更新頻度」といった「人に読まれる工夫」が求められてしまう。
これでは「感情」の記録をしようにも難しい。
世間一般的には、Facebookはリア充人生アピール劇場になっているという認識だけど、自分のまわりを見ていると、Facebookは、Twitterでは書ききれない、でもブログで書くのはどうかなーと思った文章を書いている人が多い。とりあえず自分がそうだ。
okadaicさんとかTwitterで連投する人って結構多くて、そんな公開の場で書くのならブログで書けばいいじゃん!と思うんだけど、そうならないのは、やはりブログの立場が「パブリック性の高い情報発信ツール」になっちゃったからなんだろう。
今のところ、Shotenoteは「Twitterの気分で長文を書けるサービス」という感じになっていると思う。