嫌いは胸のうちに忍ばせて

俺の娘が虐めとまではいかないが嫌がらせのようなことをしている、と中学校から連絡があった
まず中学の先生方のお話。
娘が学校が終わった後や休日、友人と遊ぶ時にAだけ誘わない。
別にクラス全員を誘ってAだけは誘わない、とかではないので特に注意はしなかったらしい。
しかし徐々に誘われた子達とAに溝が出来始め、Aが孤立していったので先生方が娘に注意。
すると娘は「A以外にも誘ってない子は幾らでもいる。何故Aを誘わないだけで注意されなきゃいけないのか分からない」と反論。
先生方は何も言えず、その後もAは無視とはいかないまでも他の子とは全然喋らないらしい。
上記の、曖昧な相談の電話が学校からあるも、結局どうして欲しい等の希望は何も言われず。

次に娘の話。
娘には上記のことを担任の先生からではなく先日の保護者会の帰りに耳にした、ということで聞いてみた。
うちの娘は好き嫌いが激しく、Aのことも嫌いらしい。嫌いな人を遊びに誘う程自分は優しくないし、元からAとは口を聞いていなかった。
それを真似してAを無視していったのは自分の周りの人達。 だから知ったこっちゃない。
他の子が遊ぼうと声をかける時も、Aを呼べば娘が来ないことは周知なので必然的にAは誘わず娘を誘うことになる。
娘に「パパもわたしが悪いことしてると思う?」と聞かれたので「難しい問題で、娘ちゃんが悪いって言う人がもしかしたらいるかもしれないけど、パパは娘ちゃんが悪い子だとは思わないし信じてる」と答えた。
娘の感覚的にはAを「仲間ハズレ」にしてる訳ではないんだと思う。ただ仲の良い子と遊んでいるだけ。
ただもしかすると娘が遊ぶ子の中にAと仲の良かった子もいて、言い方は悪いが友人を盗られたように思われているのかも、と感じた。
(全文はリンク先でどうぞ)
==========================
うわー。難しい問題だなぁ、こりゃ。
娘、Aちゃん、学校側、その他生徒…… それぞれの立場で、言い分も対処法も違ってくるもんなあ。
まず、私が、この「娘」の父親だったり、学校の教師だったら、言って聞かせることはただひとつ。
「好きは出してもいいが、嫌いは出すな」
よっぽど悪趣味なものでもない限りは「好きなモノは好き」でいいと思う。
ただし、自分が好きだからといって、他人に押し付けない。TPOを考えるという前提で。
人に対しても同じで、好きは表に出してもいいが、嫌いは胸のうちに忍ばせる。
なぜ、嫌いを忍ばせるか? 「嫌い」を表に出す人間は、単純に「品がない」から。
嫌いにかぎらず怒りも同じで、ネガティブな感情は人前では秘めておくもの。ネガティブな感情は、時として他人に感染し、他人の気分まで害する。
機嫌が悪いのを、周囲にダダ漏れしてる人間は面倒臭がられる。
ちょっとしたことで喧嘩腰になる人間は鬱陶しがられる。
悪口や陰口を言う人間は、「裏では私もナニを言われているものだろう」と他人に不信感を抱かれる。
人の好き嫌いを口に出したり、
不機嫌を表に出したり、
ちょっとしたことで喧嘩腰になり、
悪口や陰口ばっかりの大人になったら、
すっごく格好悪いよ、みっともないよ、恥ずかしいよ。
キミは、そんな残念な大人になりたいの?
……現実的には、格好悪い大人、みっともない大人、恥ずかしい大人は多いんですけどね。
でも、我が子や教え子には、残念な大人にはなってもらいたくないですからねえ。