メロン

娘が小学3年生頃。
実家の母親が時々、何か送ってくる。
(義兄が郵○局員なので、たまーーーに「ゆ○パック」の局のノルマが足りない時に「協力しているらしい)
「夕張メロンゼリー」が送られてきて、娘は気に入ってしまった。
ゼリーを食べ尽くして何日か経ったある日、「ゆうちょうメロン無いの⁈」
その日から我が家では、「夕張メロン」は
「ゆうちょうメロン」になってしまったのでありました。
娘は「変読」に凝るようになりましたが、今のところ、「ゆうちょうメロン」を超える傑作は出てません。