会社は、そもそもソーシャルです。

昨日は 美大 → 社内会議 → EGMフォーラム というハードスケジュールでした。

美大は、自社主催イベントで、共創活動(昨日プレスリリースしたやつ)の体験コーナーをやっていたらソーシャルデザインを教えてるという先生がいらっしゃって、なんか一緒にやれると良いねと盛り上がったので早速ご挨拶に、ちょうど学生さんたちの成果発表の日だったので、活動をお伺出来て楽しかったです。(良い意味で青い! 我々の黒さが加われば青黒い事が出来そう!)
最後の講評で学生を支援されていたデザイナーの方が、
"実は自分は、ソーシャルデザインという表現には違和感がある。 デザインとはそもそもソーシャルなもの。それが、面白い形や色使いのことがデザインみたいに勘違いされてる。 それをこれからなんとかしていきたい"
というような話をされました。
なるほど!と凄く思いました。
そして、モヤモヤしてたことと結びつきました。
前に紹介したPachiさんのプレゼンで 
仮説3 会社は社内外のコミュニティーが集まり繋がるためのプラットフォームであり、かつコミュニティーである
というのが有りました。
私はこれを以下のように言い直したいです。
"会社はそもそもソーシャルです。
EGMフォーラムの話も凄く面白かったので、是非共有したいのですが、長くなってしまったのでこの辺で。
みんなの顔を見て貰えれば楽しさは伝わるかな??