ミケ美さん健康診断に行く

先週末はミケ美さんの定期健康診断に行ってきた。
前夜のミケ美さん。ちょっと変顔でポーズ。余裕すら感じられる。採血があるので朝ごはんは食べられない。9時過ぎの予約だったので朝6時からお腹が空いたと鳴き通し。
検査が終わったら食べれるかなと、お弁当を持って行く。いつも食べているドライフードだ。結局あまりにミケ美さんが緊張していたのであげられなかった。戻してしまいそうだから。
キャリーケースに入るミケ美さん。「なんだ、なんだ?」
タクシーで移動中。いつもの甘えた声ではなく地声で鳴いていた。
ものすごく不安そうである。
獣医の方に丁寧なカウンセリングを受けて採血をした。結果は翌週には分かるようだ。
動物病院に罹るのは何度目かなのだけれど、なぜか今回が一番緊張していたように思う。皮膚が緊張して収縮してしまい、毛が抜けたりフケが出たりしていた。目の粘膜も興奮のためか、泣きはらしたかのように真っ赤だった。ただ、採血のときは意外にも大人しくしていた。獣医の方達が合気道みたいに上手に制止していたのだ。
事後のミケ美さん。がんばったね。家でおいしいご飯を食べよう。
どうやら今のところ健康そうだけど、足腰はそれなりに老化が始まっているようだ。こればっかりは仕方がない。
ミケ美さんが家に来たとき、すでに10歳だった。なので一緒の時間は有限だという意識は常に持っているつもり。3年かもしれないし5年かもしれない。でも10年以上は稀だ。なるべく苦しんだり嫌な思いをしたりせず、楽しく暮らしてくれたらいいなと、いつも思っている。