けっこんの話

せのくんと結婚することになったので、親に挨拶に行ったり転職活動をしたり、周囲にその旨を伝えたりということをはじめている。
今までも「結婚するよー」と言ってたけど、それはいつかの話で今だとは思ってなかったらしく驚かれることも多い。交際半年で決めちゃうのは多分世間からすると早いのだろう。
大抵聞かれるのは「どっちが強く言ったの?」という質問。私としてはどちらともなく「お互い歳も歳だし、今更長く付き合ってもどうしようもないよね」という意識だったし、彼の実家は遠方なので挨拶の日取りを考えるとこの辺だねみたいな逆算方法で結婚までのスケジュールをくんでいた。だからどっちというより、お互いの意思が噛み合う形で進んだと思うのが正直なところだ。
世間の結婚も大抵そんなもんだと思っていたから、どちらかが強く望むから結婚へ動き出すことが前提なのが少し新鮮。
本当のところ、どうなんだろうね。