夏の鰤(ブリ)

スーパーで鰤の柵が安かったので買ってきて刺身にして食べた。鰤というと寒鰤なんて言葉ががある通り、冬が旬なイメージだ。ところが最近は養殖の技術が発達して、むしろ夏が旬なのもあるそうだ。
確かに脂が乗っていて、かつ変な臭みもなく、口当たりがクリーミーでおいしかった。
脂ののった旬なものを食べて夏を乗り切るといったら、土用の丑の日に食べる鰻だけど、絶滅危惧種になったのもあってか、値段が高すぎて食べる気にならない。そのうち土用の丑の日は鰤の照り焼きを食べるようになるのかもしれない。季節感や旬なものは世の中の状況やテクノロジーの発達によってアップデートする必要がありそうだ。
妻と二人で食べるには量が多かったので、二切れ程グリルしてミケ美さんにもお裾分けした。
次の日、毛がフワフワになった。
ここ数日、ちょっとムッとしていたミケ美さんの機嫌もよくなった。美味しいものを食べると機嫌が良くなるのは人も猫も同じだ。