チョコマーブルのケーキ

昔、母の持っていたお菓子の作り方の本。
それから配合を変えてます。
※自宅にあるもので使ってます。
22cm×7cmのパウンド型2本
180℃のオーブンで45分
有塩バター100gは室温でポマード状にします。
(電子レンジだと30℃の温度設定か、500w1分半)
きび砂糖か三温糖90〜100gをザラッとした感じが無くなるまで混ぜます。
ココアとお湯各10gを練り込み、牛乳50ccを同じくレンジで温め、大さじ1くらいを更にココアに入れて練ると写真の感じになります。
卵3個を入れて混ぜます。
途中で温めた牛乳の残りを入れて更に混ぜます。
ここで卵独特の臭みが苦手な方はバニラエッセンスを数滴入れてください。大人だとチョコレートのリキュール入れると香り良くなります。
薄力粉150gとベーキングパウダー小さじ1をふるいにかけて入れます。粉の塊が無くなるくらいでオッケー。写真は途中の状態。この後泡立て器からゴムヘラに持ち替えて混ぜます
このうちゴムヘラひと掬(すく)いぶんをココアの中に混ぜます。
*この辺りでオーブンを180℃の余熱でスタート
パウンド型にプレーンの生地をポタポタと落としてからココア生地をタラーリと落としてプレーン生地とココア生地を2〜3回交互に重ねて入れます。
出来たらお箸やスプーンで生地の中をゆっくりのの字を2回描くようにしてマーブルが完了。
180℃のオーブンで45分焼きます。
焼き加減によっては少し長めにしたり、アルミホイルを最後の10分くらいで型に被せて焦げ付きを予防してもいいです。
焼き上がり。少し冷まします。
このままだと表面がカリッとするので、しっとりしたものが好みの型は冷ましてからラップをして数時間〜1日置くとしっとりします。
焼き上がり。
2本にしたらあまり膨らまないです。1本にするとボリューム出ます。好みで。
個人的に私自身の好みだとこのくらいの大きさで2cmくらいの厚みで切るのが外側カリッと中がフワッとしてて好きでオススメ。
ボリューミーに作って1cmくらいで切るのもいい。
パウンド型だと高さが限られてくるので型紙で高さ作るという手もアリ。
保存は切り分けて1つずつラップしてから冷凍保存用のジッパー付き袋に並べて入れる。
食べる時は自然解凍かレンジでラップのまま500wで1分で焼き上がりのホワホワな仕上がり。
だいたい1ヶ月。それ以上は冷凍庫の香りつく場合あります。
母は子育ての合間にいつかこのお菓子を作ろう!とレシピの本を読んでワクワクしていたそうだ。
ところが、それを使ったのは私。
初版見たら50年以上も前だ。
当時はオーブンが我が家に無く、お菓子といえばフライパンで焼くホットケーキで、それも『暮らしの手帖』を読んで作ったって。
で、このマーブルケーキ、当時は甘くてどっしりしていて、こうじゃないんだよなー、と試行錯誤して十数年前くらいにこの配合で落ち着いたのです。
我が家は冷凍保存する間も無く食べ切ります。
主にオトメが。