アルファベット3文字に隠されたロマン

ルファベット3文字に略した名詞が多々あるが、どうしても何の略なのかが気になって調べてしまう。
物質名(DHAとかEPAとか)や特定分野の専門用語(KPIとかLTEとか)の場合、一応調べはするが、どうせ効き馴染みのない単語の略である事が多いのであまり面白くない。
面白いのはやはり意外性がある企業名だ。私の好きなアルファベット3文字の企業名を紹介するので、是非何の役にも立たない無駄な時間をお過ごしください。
■NHK(日本・放送・協会)
シンプルに全部日本語なのが高評価。
この方式の企業名はたくさんあるので、勝手にNHK式と名付けている。
■SNK(新・日本・企画)
任天堂やセガと並んでゲームハードも出していた老舗のゲーム会社。サムライスピリッツとかキングオブファイターズとか聞いた事ないですか?ないですかそうですか。
これもNHK式。
■TDK(東京・電気・化学)
磁気テープ屋さんのイメージが強いけど今は電気部品とか作ってるのかな?
これもNHK式。
■YKK(吉田・工業・株式会社)
ファスナーの最大手。あなたのズボンやスカートのファスナーにもきっとこのロゴがあるはず。
これもNHK式。
ここまでに出たNHKファミリーは全部3文字目がKで、しかも全員Kの意味が違うのが興味深い。言ってみただけで実はそれほど興味は無いけれど。
■DHC(大学・翻訳・センター)
化粧品や健康食品メーカーと思わせてこの意外性が高評価。
「大学」と「翻訳」を翻訳しなかった所に禅を感じる。もしくは逆に「センター」だけ翻訳しなかった説もあり議論は尽きない。
■IHI(石川島播磨・ヘビー・インダストリーズ)
「いしかわじまはりま」の9文字が「I」の1文字に略されている所が最高にクール。
「石川島播磨」だけで十分カッコいいのに追い打ちの「重工業」で思わず気分はリフトオフ。
■AGF(味の素・ゼネラル・フーヅ)
勝手に100%外資系とばかり思っていたらまさかのうま味調味料。
foodsなのでズじゃなくてヅなのもグルタミン酸のような味わいがあってよい。
■DNP(大・日本・プリンティング)
一般にはあまり知られていなかもしれなが、要はバカでかい印刷会社。大半の雑誌の裏に「大日本印刷」と書かれているはず。
直感で「Dai-Ni-Pon」で「DNP」と思わせて実は「Dai-Nippon Printing」という裏切りが火照った体に心地よい。
■TBC(東京・ビューティー・センター)
TVCMもやってるあのエステサロン最大手。
奥多摩あたりにある美容院みたいな名前が最高にビューティー。
そろそろ怒られそうなので仕事に戻ります。