自家製クーリングウォーターのすすめ

1月生まれだからってぇワケでもないんでしょうが、私は寒いのはけっこうイケるのですが、暑いのがからっきし駄目。
夏だから、海? 山? エアコンの効いた室内がサイコー! ……というダメ人間です。
でも、そんなダメ人間である私でも、お仕事ってぇのがございましてね。
なにがなんでも、どうしても日中に出歩かなければならないコトもあるわけですよ、ええ……

で、そんな私が毎年、夏になると常備しているものがございます。

♪チャララッラッチャラー♪
自家製クーリングウォーター!

その昔はシーブリーズを75mlのスプレーボトルに仕込んで持ち歩いてたんですがね。
私、ココナッツ・クレイジーでもありますが、メンソール・マニアックでもあるんですよ。
シーブリーズなんかの清涼成分じゃあ、全然足りない!
もっとギンギンに痛いぐらいの清涼感が欲しい!

というわけで、自作することに相成ったのでございます。


■自家製クーリングウォーター

(材料)
 ・ハッカ脳
 ・無水エタノール
 ・化粧水

まず、ハッカ脳というのは、ハッカの結晶です。
薬局に行けば、日本薬局方のハッカ油というのがあるんですが、これは分量の割にお高い。
このハッカ脳ならばお安いんですね。購入の時は化粧品グレードをお求めください(食品グレードのほうが安心感は高いのですが、かなり割高)。

▼私がいつも購入してるハッカ脳はこれ▼
https://www.amazon.co.jp/日本製-ハッカ脳-ハッカ油のSUUU-メントール-クリスタル/dp/B01LYY93JL/ref=sr_1_1?s=hpc&ie=UTF8&qid=1500619407&sr=1-1
(なお、保管は、密封して冷蔵庫が適しています。高温の場所に置くと、溶けた結晶が合体して巨大化します)

ハッカ脳は、無水エタノールで溶かしてハッカ油にします。
この無水エタノールとは消毒用アルコールのことですから、大きなスプレーボトルに入れ替えれば、テーブルや食器の消毒にも使えますよ。

▼私がいつも購入してる無水エタノールはこれ▼
https://www.amazon.co.jp/健栄製薬-無水エタノールP-500ml/dp/B000TKDKA8/ref=sr_1_1?s=hpc&ie=UTF8&qid=1500619618&sr=1-1&keywords=無水エタノール

化粧水ですが……
これ、肌水でも極水でもアベンヌウォーターでもシーブリーズでもヘチマ化粧水でもなんでもいいんです。安い化粧水でOK。
ただし、シットリモチモチになるタイプはやめておきましょう。ハッカ油とモチモチ成分が結びついて、蝋のように固形化することがあります。こうなると、スプレーボトルごと駄目になります←何度かやらかした。
市販の化粧水を使う理由は、安定していて腐敗しにくいから、ですw

▼私がいつも購入してるのは肌水▼
https://www.amazon.co.jp/肌水-メンズ肌水-ボトルタイプ-400ml/dp/B000FQNR1S/ref=sr_1_1?s=beauty&ie=UTF8&qid=1500620046&sr=1-1&keywords=肌水


■つくりかた

チョー簡単です。

 ・小皿にハッカ脳を適当に。
 (私は小さじ1杯相当←メンソール・マニアック向け。普通はもっと少なくて良し)

 ・小皿に消毒用エタノールを垂らす。
 (5~10cc程度)

 ・かき混ぜて、ハッカ脳の大半が溶けたらOK。

 ・100円ショップなどで売っている75~100mlのスプレーボトルに、ハッカ油を入れる。

 ・化粧水をスプレーボトルに入れる。

 ・スプレーボトルの蓋をしたら完成!


■使い方

「暑いな」と思ったら、よく振ってプシュプシュするだけ。
首筋や胸元、腕、足、どこでもプシュプシュ(目だけは気をつけてくださいw)。
噴霧して3秒ぐらいすると…… ハッカの強い刺激が襲ってきます。
と同時に強烈な清涼感!
キッチンペーパーなどに噴霧して身体を拭けば、夏はボディペーパーにもなる。

で、この自家製クーリングウォーターには、もうひとつの利点が。

「蚊や虫が寄り付かない!」

※ただし、虫よけになるのはスースー感が持続している間だけのようですので、こまめに噴霧が大事w
※虫除け効果を高めたいなら、アロマエッセンシャルオイルのシトロネラ、レモンユーカリ、レモングラス、ゼラニウムなどをブレンドするといいでしょうね。
▼レモンユーカリ▼

ちなみに、
元々は、夏のバイク・ツーリング用に考えだしたものです。
私のバイク仲間からは、クーリングウォーターなんておしゃれなネーミングではなく、

 地 獄 薄 荷 汁 !

……と呼ばれておりましたw

無い知恵絞ってクソ暑い夏を乗り切りましょう♪