お玉じゃくしは蛙の子 なまずの孫ではないわいナ

ねりーさんのノートの写真がすこぶるかわいい♡
======================
アマガエルに毒があると、知ったのは大人になってからだった気がします。
さんざん触っていたもんな。
実家は田舎です。地名がもう、を意味していたり、とかとかとかそんなんばかりです。
これとか、よくわかる。聞こえるけど気にしない。
逆に聞こえないことが気になったりして。ウシガエルの低い声最近きいてないなあ。。。
ShortNoteの四月馬鹿はドバトですが、なじみ深いのは早朝のヤマバトの声。
そんな実家の古いお話。
直に聞いたのは兄です。当時の彼女さんと部屋で過ごしていた時。
「これ、何の音?」
言われても、しばらく何のことかわからない兄。
「ああ、田んぼでカエルが鳴いているんだよ」

「えっ?カエルって、田んぼで鳴くの???」

え?え?え?
ちょっと何言ってるか分からない。
彼女さんが帰った後、兄の話を聞いて家族一同、顔がクエスチョンマーク。
都会育ちだとか世間知らずのお嬢さんだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。っていうのは大げさですが、このエピソードを話して理解した人はいまだ現れません。
カエルってどこで鳴くの?
今の住まいにも現れるんだけどね。わざわざ写真撮ってあるってことはなんか、珍しいもの見た気になるんだろうな。夜の暗がりも手伝って、ねりーさんの写真とは月とスッポンや。