有給の話

海外に出てちょっと特殊ながらも、一応某オフィスで働き始めて数カ月が経った。海外で、日本人経営でない会社で、しかもオフィスで働くのは初めてのことだった。
今まで「海外ではこう」みたいな、(本当かどうかわからない)ネットの話ばかり見てきていたのだけど、いざ自分が当事者になってみると、やっぱり日本とは違うなと思うところが少なくない。
そうした外国ネタの中で、特に羨ましいところと言えば、「外国人はみんな数週間のバカンスを1年に数回過ごす」というところだった。個人的に。
んで、実際今、周りを見渡してみると、これが事実であるということに気がつく。全くもって聞いた通りだし、別にソレを疑っていたわけではない。だけど、いざそれを目の当たりにしてみると、やっぱり本当だったのかー…という、よくわからない納得感みたいのがある。
これを可能にしてるのは、会社の空気なりシステム。
単発はおろか、長期で有給を取っても誰にも文句は言われない。むしろ社内で「明日から2週間休みだぜ!うおおおおお!」「まじかー。楽しんでこいよ!」みたいな会話が飛び交う。冗談でも嫌味を言う人はマジで一人もいない。
申請するにしても理由は特にいらない。もちろん「理由欄に一応「私用」とだけ書いて」みたいな謎の指示もない。
もちろん仕事が忙しいとき等はリジェクトされる場合もあるんだけど。全ての希望が必ず通るというわけではない。
でも忙しくなる予定が決まっていればそれは共有されて、有給がとりずらくなる旨を予め教えてくれる。そしてそういう期間に長期で休む予定なら早めに申請すれば検討してくれたりする。
その検討は形だけかもしれないけど、とにかく有給を使うことにポジティブなんである。
さらに驚くのが有給の日数。1年で20日以上の有給がある。日本で6年勤続したとき以上の日数(調べた)が最初からもらえる。
しかもこの有給、試用期間が終わればすぐに付与される。半年とか待つ必要がない。
最初から丸々もらえるわけではなくて、年度始めから正式入社した月までの分が引かれた日数が付与されるっぽいのだけど、それでも日本より多かった。
考えてみたら「数週間のバカンス」なんて、それ相応の有給日数がないと不可能なんだけど、これは知らない事実だった。
こういうものが社員のモチベーションやらにどう影響しているのかはイマイチわからない。だけど自分の好みで長期休暇が取れるのは、日々の仕事のモチベーションというよりも、その会社に居続ける理由になるよなーと思ってる。
海外企業同士の比較にはならないかもしれないけど、日本の会社とこっちの会社で比べたら、こっちにいたくなるよなーと。その部分だけで考えたらね。
自分は所詮1社しか知らないし、割と特殊な仕事だし、日本は有給が少ない代わりに夏休みみたいのがあったりするんで、比べ始めるとこっち最高と言えなくなる可能性もあるんだけど、取り急ぎ思ったことを書いてみました。