一目惚れ

とっても素敵な服を見つけた
ハンガーに掛けて並べられている服の中で、一番にその服が目に入った。
今までに見たことのないような形の服で、私の心を一瞬でつかんだ。一目惚れ、運命の出会いである。
そんな私にすかさず店員さんが声をかけてくれて、その服の魅力について話してくれた。
その服はシャツをリメイクしたもので、一点物だと言う。それを聞いてますます私は惹かれた。
しかし値札を見ると、その運命の出会いが一瞬で冷めてしまいそうになった。(人によっては余裕で買えるくらいのお値段なのだろうけど)
試着までしたけれど、結局買わなかった。
家に帰って、布団に入っても未練タラタラである。
私の大事なおもちゃのコレクションを売ってしまえば…という思考までした。いつもの私からすると正気じゃない。
この気持ちを断ち切るために文章にしてみたが、ますます服への想いが募るばかりだ…