イモータンジョー様の作り方

はいはい、みなさんお元気ですか?
さて。
ありとあらゆる褒め言葉を受け流すことで、
自我を保っている渋谷在住381さんが年に一回、
すべての賛辞をドヤ顔で受け入れる日、
そうハロウィン!を今年も無事に終えることができました。
毎年ハロウィンを終えると思うわけですよ、
「来年何しよっかなー?」と。
去年の今頃は「ロッキーホラーショー」の完全再現一択だったのですが、
一年の間に大事件が起きました。
それは「MAD MAX 怒りのデスロード」の公開です。
よく言いますよね?
お見合い、就職の面接、ヤリコンのカップリング決め、
はたまた両親の亡骸を前にやりきれない気持ちで、
「無人島に映画三本持って行くなら何持ってく?」って。
私のその三本は、
「ベイブ、デッドオアアライブ、フルメタル極道」です。
そんなベイブをこよなく愛する私にとって、
「MAD MAX 怒りのデスロード」は、奇跡と言っても過言ではない名作でした。
作中で恐怖の独裁者として描かれているイモータンジョー様は、
私のベイブ・アイ(愛)を通してみれば、
民を思う健気な統治者です。
そのひたむきさいたいけさは完全にベイブとイコールです。
雷に打たれたような気持ちで映画館を出て、
まず最初に思ったのが、
「今年のハロウィンは決まりだな・・・(ニヤリ)」です。
ということで、作ってみましたジョー様!
もう私はジャンル開拓者としては結構気が済んでいるので、
制作過程をシェアしてむしろジョー様の量産にV8!V8!

じゃあいっくよーっ☆ イモーターン!
1・イモータンジョー様の画像を見てよく観察する。
ジョー様のどこがジョー様をジョー様たらしめているかよく考えてください。
自分は自分の信じる方法で、民をまとめ幸福を模索している、
それが俺すなわちイモータンジョーなのだ!と理解してください。
それが済んだのなら合格です。
今回作りたいのはマスクとガンホルダーぽいものなので、
その構造や推察される機能を考えましょう。
そうすると大体必要な材料が見えてきます。

【イモータン材料】
紙製の無地マスク 
洗濯機の排水延長ホース(1m)
ネイルチップ(無地の付け爪)
ボルト適量(ベルト装飾用)
本革はぎれ(ベルト装飾用)
軽量石粉粘土(500g)
スプレー塗料(銀)(銀メタリック)
ラッカー プラサフ
アクリル絵の具(黒、白、茶色)
ブラックジェッソ
シチレンボード
木工用ボンド
ゼリー状瞬間接着剤
ホットボンド
紙やすり
粘土用ヘラ
めん棒
2・ベースになる紙製の無地マスクの下半分を切る。
 上半分は今回は使わないけど、布はってスワロつけると仮面舞踏会、
 おでこだけつければゴールデンカムイの第7師団鶴見中尉に流用できます。
さて、どこで切るか、なのですが、
まずガイドとしてマスクに正中線と補助線を入れて、
実寸がわかるように写真を撮ります。
それを元にパソコンでパーツを含めた型紙※を作ったら、
切り取り線が確定します。
怪我をしないようにゆっくりカッターで切り落とします。
3・ 木工用ボンドをマスクベースに塗り上から軽量石粉粘土で形作る。
はぐき、あごをイメージしてマスクに粘土を盛り付けたら、
ネイルチップを埋めて歯に見立てます。
パイプ部分はこの時点でもう、粘土は貼らず空けておきましょう。

ざっくりその上から金属部分を貼り付けていきます。
めん棒でひらたく伸ばした石粉粘土のうえに型紙を置いて、
形通り切ったものを貼っていくと厚み、形がイメージに近いものになります。
マスクの金属部分は工業製品なのでなるべく手のひらを使わず作りましょう。
4・ここまでで一旦乾燥させます(24時間程度)。
  その間にベルト装飾を作ります。
  シチレンボードを数字の形等に切り抜きましょう。
  あらかじめ型紙※を作っておくと簡単です。
  切り抜いたらホットボンドで台紙と貼り合わせましょう。
5・乾燥したマスク表面にヤスリをかけます。
  石粉粘土はヤスリをかけるとすげー綺麗になります。
6・それぞれの下地処理をします。
  マスクにはラッカー プラサフを吹きかけ、
  ベルトの装飾にはジェッソを塗ります。
  ここでジェッソの筆目を荒くしておくと、
  汚れた鉄、の加工が入りやすくなります。
7・下地が乾いたらスプレーで塗装します。
  シルバーのスプレーとメタリック系シルバーのスプレーを交互にかけて、
  汚れた鉄の質感が出やすいようにしておきます。
  塗装をするときは最終的にどんな感じにするか、
  をイメージしながらすると失敗しにくいと思います。

8・ネジをホットボンドで書き、金属部分に汚しをかけます。
  汚しはアクリル絵の具を薄く溶いて筆で重ね書いていきます。
  ベルトパーツも同じように汚します。
このあたりで乾かしつつメイクをして試着します。
いやがおうにも気分は盛り上がってきます。
ここからの作業に一切の手抜きは、
ジョー様が、いやわたしが許さない!私がジョー様なのだ!
猫がガン見していますがこの猫足がV8!V8!に見えなくもありません。


9・端っこに銀塗装、ネジ、全体に汚しを施した洗濯ホースを接着します。
  アロンアルファゼリー状瞬間で止まります。
  これで十分とは思いますが、私は心配性なので、
  この接着面横にセメダインスーパーX2を盛っています。
  セメダインスーパーX2は弾性なので衝撃に強いのです。
10・歯、はぐき等をアクリル絵の具で塗ります。
   ベルトパーツをええ塩梅に革はぎれにホットボンドで貼ります。
11・ほぼ完成!
装着するにあたり、最後の仕上げとして、
「ジョー様の気持ちになる」を忘れないでください。
・・・こんなに頑張ってこの砂漠の集落に水を引き貿易し
自らを挺して民に宗教を与えたりして幸福追求してきたのに、
フュリオサとかいうバカ女がめちゃくちゃにしやがった!
あのクソビッチ!バーカバーカ!
というジョー様怒りのデスロード気分になりました、バッチリです。

せっかくなので会社に行ってみました。
会長室を尋ねたら留守でした。
帰り道、夜なので性的なジョー様。

泣く子供。
なまはげみたいでした。
とても良いハロウィンでした。
歩くとそこそこどよめくような感じでした。
なので私はもう満足ですので、次は皆様どうぞ!
V8!ともし思いましたらこちらをポチッとな!
※ジョー様マスク備品型紙 200円
https://note.mu/381/n/n0f437a57a4f0