謎のあごちくわ

あえて表現するならば、それは”朧げな味”であったように思う。いや、...