久しぶりに紙の本を読んだ

倉貫義人さんの「納品」をなくせばうまくいく、を読んだ。
彼のブログで読んでいた内容が整理された形で読めて、自分の考えもまとまってきた。
最近はもっぱら電子書籍ばかり購入していて、紙の書籍を買ったのは久しぶりだ。読み終えた後、Kindle版も出る予定があることを知ったが、今読むことに意味がある気がしていたので後悔はない。
本の内容については、目指すところを同じくしていてとても参考になっているが、前提の違いがあるのでもう少し咀嚼してみているところ。そんなことでまた参照しようと思っても、常に携行しているわけではないのはやはり不便を感じる。