母は牛乳、父は乳酸菌

ムスメさんがカルピスにド嵌(はま)りでちょっと面白困ったことになってます。
もう毎日のようにカルピスを飲むための情熱がハンパない。
きっかけは鉄板焼きとお好み焼きの店を経営する友人に挨拶がてら早い時間にお邪魔した時でした。
『ウチ、子供の飲み物ってないわー』と冗談言いつつチューハイに使うカルピスを水で割って出してくれた。
彼女の人柄や交遊関係で子供連れがとても多い店です。
その時初めて飲んだムスメさんちょうど一歳半。
【なんじゃ、こりゃーーーっっ!?!】って顔、赤ちゃんもするのよね。
そこからですよ。
我が家ではアイスをなるべく買わないようにしてカルピス100ccと牛乳200cc混ぜたアイスを作っていたのですが、それにも今年は大当たりで。さらにマンゴーやパイナップルやぶどうやイチゴなんてあるんだから、そりゃあもうムスメさんにとっては【夢が広がるディスクシステム(byNintendo)】ですよ。
だいたい赤ちゃんは自分自身に意味のある言葉は数回聞くと覚えちゃうらしいです。
ええ、お察しの通り2度目にカルピスの言葉を聞いたのがアフターカーニバル。
そりゃあもうあの白地に水玉のパッケージまで憶えちゃったからさあ大変です。
個人差があって我が家ムスメさんはまだそんなに喋らないものの、まー教えたベビーサインにジェスチャーまで加えちゃったから会話が喋らなくても成り立つ成り立つ。案外この方が面倒くさいということに最近気づいた。
もう毎日毎回がジェスチャーゲーム。
本当に子供って素晴らしい。毎日が発見と冒険の連続です。
母は毎日生きた心地がしないアドベンチャー。仕事をしていた頃より【ヒヤリハット】を味わうのですよ。
今朝牛乳を取り出す時に見たカルピスのボトルで大騒ぎです。
いつもの野菜ジュースを飲んでくれません。
今日は流石にたまりかねて
『カルピスはおやつの一回だけです!』
と強く言ったらば
【ガーーーン!!】
という驚愕した顔をした。
結論、
赤ちゃんも驚愕した顔をするのですよ。
Σ(◎ロ◎lll)←本当にこんな顔してた。
うん。
今日はそのあと言うこともちゃんと聞いてくれてるからいつもより少し大きめのコップで注ぎましたらばムスメさんモジモジしながら
【え?!いいの?こんなにいいの??】なんてソワソワしつつ喜んでるじゃないですか。
ちょっと。
嬉しいじゃないのさ。
あんまり頻繁にはあげられないけどさ。
まあ、他のジュースは飲まないし時々なら、、、、
既にバカ親です。
追記、
タイトルにカルピスのキャッチコピーを使っちゃいましたが、
『父は乳酸菌』のくだりで『乳は乳酸菌』と変換してしまいました。
この頃から父の存在って…
(ゲフンゲフン=3)