初めてブログに批判コメントをもらった

先日、初めてブログに辛口なコメントをもらいました。
たいしてPVのない私のブログの、ある記事がまとめサイトに取り上げられました。そのおかげか、その記事だけ、沢山の方に見てもらえるようになりました。
こんなの買ったよ!と軽い買い物メモだったのですが、まとめには技術解説の参照ブログで入れられたので「技術解説なのに読みづらい。まわりくどく、わかりにくい。簡潔じゃない。」という趣旨のコメントが付きました。
こんなの、大したDisじゃないんだろうけれど、ガーンと来ましたw 初めてのことだったのと、 おっしゃるとおりだとw
自己満足で書いていた日記ブログで、人に読まれることなんてまったく意識してなかった。とはいえ、一度ネットに公開したら、こちらの意図とは別に評価されることがあるんだと。(今更かよw)
こういうのは、お詫びとか反応した方がいいのかな……でもウザがられるかな……など、豆腐メンタルな私はしばらく考えたのですが、まとめから来た、技術解説を期待された方の気持ちになればご指摘ごもっともなんで、思い切って全面的に書きなおしてみました。
そのために調べなおすと、書いた当時にはわからなかったことや、変更になったこともあり、結果的に自分の勉強になりました。
そしたら、なんと、そのコメントを付けた方が後日、その記事をまた読んでくれて「すごくわかりやすくなった、批判を恥じます」的なコメントをくれました。思いもよらぬレスポンスで、驚くやら嬉しいやら。
指摘を批判と受け取り、見返してやる!的な感じになってないか気になったけれど、また読んでくれたことを素直に嬉しく思いました。その人のコメントは、私を成長させてくれるアドバイスだったんだと。
……なんかこの感じ、昔々のパソコン通信の頃には良くあったなぁと思いました。知恵のある人が、批判じゃなくて指摘を沢山くれた。(当時も辛辣な批判やトラブルは当然ありましたがw)
その後、インターネットが繋がって、あめぞうとか2ちゃんねるとか見だして、はてながあって、ブログブームが来て、mixiとかのSNSが出てきて、まとめサイトがあって……の中で、ネットの嫌な部分やトラブルばかり見て「ネットは怖いところだ」と、感覚がマヒしてたのかもしれません。
いやでも、もし何かやらかして炎上したら、速攻でアカウント停止して反省の涙に暮れますけれどもw
これからは、人が見るかもという点に気をつけて、日記を付けていこうと思いました。