お菓子は最高の文化だ

僕は毎日仕事はじめに
仕事場近くのおかし屋さんに行って
お菓子とコーヒーを買うのよ
そのおかし屋さんに入るとさ
なんでだかわからないけど
もう、ニッコニコになるのよ
ニッコニコに
完全に怪しいよね
ロン毛でヒゲのおじさんがさ
毎日毎日朝からやってきては
店内でニコニコしながら
お菓子選んでんのよw
なんでこんなにニッコニコになるか
考えたんだけどさ
思えば当然の事なのよ
いい音楽を聴いたときに鳥肌が立ったり
いい絵画を見たときに圧倒されて
ポカンと口を開いて
立ち尽くしてしまうのと同じなのよ
おかしは人間の産んだ文化の中では
かなり高次元にあるものだから
だってそうじゃない?
文字とか言葉とかって文化は
必要にかられて産まれたものじゃんか
もはや人間が生きていく上では
なくてはならないでしょう?
でも、本来「文化」として
高次元なものってさ
人間が生きるうえでは
必ずしも必要ではないものじゃんか
そして必ずしも必要ではないのに
必要不可欠になってるものなのよ
音楽しかり
絵画しかり
そういう質の高い文化の一種なのよ
お菓子は!
文字や言葉がレベルの低いものっていう
わけじゃないよ、
決してそういうわけじゃないけど
「なくてもいいけど、なくてはならない」
この矛盾が産む質の高さっていうの?
もうなんかよくわかんなくなってきたが
とにかくお菓子は最高の文化のひとつだし
僕は今日もお菓子をたべる!