記憶

ずっとずっと心にヘドロのようにまとわりついていた嫌な出来事があって、その直後は神経過敏になり人間不審に陥り、周りが全員敵に見えて苦しかった。この記憶はこの感情は、きっとずっと自分を苦しめる。そう思ってた。
月日はだいぶ流れて、その記憶を思い出す瞬間が減ってきている事に気付いたのは最近のこと。「あ、今まで忘れてたんだ」と気付く。そしてまた忘れて思い出して忘れて……。それを繰り返して。
そしてだんだんとその出来事に関する「良かった事」を思い出すようになった。あんな事があったけれど、こんな事もあったんだった。楽しかった嬉しかった優しかった。そんな感情が蘇った。
心の奥底にあった「嫌な記憶」がだんだんと形を変えていってるのがわかった。
もちろんモヤモヤしてしまう時はまた来るのだろうけど、それもまた「大事なもの」だったからだろうと思うんだ。
少しは進めたかな。今、自分は胸がぽかぽかするよ。過去ばかり見てたけど今の自分は「現在」にいる。それを実感出来て、ただただ嬉しかった。