ここはブログの草稿を置く場所になり... by kukkanenjp | ShortNote

ここはブログの草稿を置く場所になりつつあるかも。明日、書きたいテーマは「同期型コミュニケーションと発達障害」。もう、だいぶん前から同期型コミュニケーションが苦痛だった。特に電話。こっちの都合と関係なく、呼び出し音がなって出なきゃいけないので、携帯の番号はほとんど誰にも教えていない。だいいち、このご時世たいていのことはメールで済む。わざわざ電話をかけてくる人は、メールでうまくコミュニケーションができないDQNか、厚かましい人。でもまだ、わりと最近まで生身の人間と会話してた。電話とかリアルな会話みたいな同期をとりながら行うコミュニケーションは、ワーキングメモリに負担がかかる。スマホやパソコンも、ストリーミングみたいに大きなデータをすばやく処理しなければいけないような機能は、最新機種じゃないと対応できないでしょ?それと同じこと。発達障害とか精神疾患で非力な脳みそは同期型コミュニケーションに向いていない。病識持つ前は、それを衝動性で乗り切っていたつもり。だから、相手を不快にさせてたかもしれないけれど話すことはできた。でも、衝動性という負の特性が失言を生み出すことも自覚した今、何を話せばいいのか人並みのスピードでは判断つかない。なので、メールみたいな非同期コミュニケーションでは健常者っぽいかもしれないけど会話はダメ。