電車で席を譲る時。

私は、電車内で座席に座れて、座れた〜!ラッキ〜!と思っても、条件によって席を譲る時があります。妊婦、高齢者の方が居たら、譲りますが…。
条件とは、親子連れ、夫婦、カップル、友人同士などなど…そのグループの内、私が座る席の隣に1人だけが座った時や、私の目の前や近くで1人だけがつり革に立ってる時。(満員電車は除きます。)
すこし様子を伺ってからになりますが、
「どうぞ」
必ず、席を譲ります。断られることもあります。
私自身が話しかけにくいとおもったらそれとなく無言で立ち去ることもします。チラッと見て座ってるとホッとします。座っていない時もあります。
彼氏に「なんで?」と理由を聞かれたので、
「今、自分が立ち上がって席を譲ったら、この人達にとって、電車の移動がすこし幸せな日になるのでは…。私が逆の立場なら……
とかなんとか考えてちゃうと、それならもう譲ればいいか!ってなるよ。」
「あぁ。だから、いつも座るとソワソワしてたんだね〜!わからなかった!優しいね!」
…それ以来、電車内で彼氏と座れたら、彼氏が私と同じように様子を伺ってから
「席、譲る?」
と、私に聞いてくれるようになりました。
私が優しいのかはわからないけれど(自己満足なので。)と言うかソワソワしてたんだ…と自覚していたら
「必ず譲るのは相手にとってもどうなのかなぁ。こういう時は控えてもいいんじゃないかなぁ?」アドバイスをくれてから必ず!と言うよりは、ゆる〜い考え方になりました。
私はこの考え方ちょっとひくかなへんかなと思っていたので、彼氏の受け入れてくれる優しさに触れることができました。
すこし、いや、とても幸せです◎