ぷちレシピ(まとめ)

1ヶ月ほどmastodonに書いていたレシピをまとめました。
──────────
ようやくどうにかスルメイカが安くなってきた。
(それでも1パイ400円…… 一時期500円超えてたからなあ)
デパ地下でイイかたちのスルメイカ2ハイ800円を買ったから、
胴体とゴロは、ニンニクと豆板醤を効かせて、ターツァイと炒めよう。
ゲソは新ジャガと甘めに照り煮。
ミディトマトと新タマネギのスライスでサラダ。
お味噌汁は春キャベツと油揚げ。
──────────
ブロッコリーとアスパラガスを電子レンジで下処理。
うちの電子レンジは単機能ながら700wあるので、ブロッコリーでも1分30秒、アスパラガスだと1分で加熱が済む。
この下処理をしておけば、あとは食べる時にオリーブオイルとニンニクでさっと炒めて、ハーブソルト少々。またはバターでさっと炒めて、醤油をちょっぴり垂らすだけで副菜になる。
最近は、小松菜も電子レンジ加熱してしまう。
丁寧に洗って、4cmくらいに切って、電子レンジで1分加熱→上下入れ替えて1分加熱→様子を見ながら30秒加熱→水に晒す。
緑黄色野菜、食べなくっちゃねっ!
──────────
塩分を控えているので、めったにパンは食べられない。
でも、小麦を食べたくなる。
なので、全粒粉でマントウ(饅頭)をつくる。
全粒粉200グラム、ドライイースト15グラム、オリーブオイル15グラム、三温糖3グラムをボールに入れて、
ぬるま湯100ccを4回に分けて、箸でちょっとずつ混ぜていく。
手で10分ぐらい捏ねて丸めてから、濡れ布巾などをかぶせ乾かないようにして1時間寝かす。(だいたい2倍の大きさに膨らむ)
好みの大きさにカットして整形し、蒸し器にて沸騰から15分から20分加熱。
出来たてにバター塗って食べると、食パンより美味いのです☆
※冷めたら、ごま油でこんがり焼くと、それはそれで美味いw
──────────
我が家では、しばらくサラダ油を買ってない。(自宅で揚げ物しないからね)
ぜーんぶオリーブオイルとごま油に移行しちゃった。
だから、高級なオリーブオイルなんて買えないw

普段遣いはコレ。
ガルシアエクストラバージンオリーブオイル 1000ml
http://amzn.asia/8lyJyUf
1Lで900円切るという安さ!
目玉焼きだろうが炒飯だろうが、躊躇することなくバンバン遣えます。

サラダなど非加熱で使うのはコレ。
ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル 500ml
ヴィラブランカ
http://amzn.asia/770Z2GQ
オリーブオイルをバカスカ使うわけじゃないんなら、これがオススメ。
風味が穏やかで使いやすい。

常時ストックしてあるのが、ガーリックペッパーオイル。
オリーブオイル250ml、鷹の爪7-8本、ガーリックスライス20枚、ピンクペッパー7-8粒、ローリエ2-3枚を漬け込んでおく。
水抜きした豆腐に、このガーリックペッパーオイルと岩塩少々で食べると美味いのですよ♪
 ──────────
朝から釣りに行ってた友人の釣果カワハギ2本。
カワハギって捌くのラクなんだよね。カワハギって名前がつくくらい皮を剥ぐのも簡単。
肝は粗塩をまぶし、三枚おろしした身は昆布締め。どちらも冷蔵庫に。明日の宴会でいただく♪
アラは一塩して一夜干し。明日、このアラで出汁をとって、春菊とキノコの鍋に。

▼マンションでも便利な干網
パール金属 ひもの 干し網 3段
http://amzn.asia/8xA2CoJ

この干網、なにが便利って、マンションの軒先に物干し竿で下げられる。
自分の家で干し舞茸や干し椎茸だってつくれちゃう便利モノ。
あれば意外と便利なのが干しマッシュルーム。安い時に買ってきて4等分スライスしておけば、すぐに使える。
 ──────────
珍しく午前中から起きたので、昨夜のほうれん草の味噌汁と白飯。

そして、自家製の「昆布と椎茸の佃煮」。出汁に使った昆布と干ししいたけを冷凍保存しておき、2-3ヶ月に一度つくってる。
佃煮ってひじょうに簡単。醤油、酒、みりん、砂糖。これだけ。あとは煮詰めるのみ。
私の場合、醤油を減らして、梅酢を入れている。梅酢…梅干しをつくる時に出てくる酸っぱいやつ。
酢を入れると、甘さ控えめの爽やかな佃煮になる。

あと、たまにつくるご飯のお供といえば松前漬け。スルメと昆布の細切りを酒醤油みりんで漬け込んだやつ。
私は松前漬けにも梅酢を入れる。それだけでずいぶんと食べやすくなる。

男性には酸っぱいものが苦手な人が多いけれど、ちょっと酸味がある方が、白飯の甘みを引き立ててくれると思うんだけどなあ。
──────────
今夜は、ほうれん草カレーをつくった。
具材は、鶏ひき肉・ジャガイモ・マッシュルーム・エリンギ・タマネギ・トマト。
ほうれん草は別におひたしにして、野菜ジュースといっしょにペーストに。
カレー粉といっしょにほうれん草ペーストin。
隠し味はピーナッツバターと白だし。
自家製のインド風さらさらカレーには、必ず白だしを入れる。白だしが入ると、米との相性が抜群になるから♪
──────────
八百屋で青唐辛子発見。べっこう醤油をつくる。
丁寧に洗って、水気を取った青唐辛子を肉叩きで軽く一回だけ叩く。
ビンの中に青唐辛子をぎゅうぎゅうに詰め、煮切った味醂と酒、そして醤油を入れて冷蔵庫へ。3日ほど寝かせると、べっこう醤油完成。
この辛い醤油に20分ほど漬け込んだ刺身を、飯の上にのせたものが伊豆大島名物「べっこう寿司」。
安い刺身でも抜群に美味くなって、ビールや焼酎水割りのお供に美味し。
山かけにちょろっと垂らすだけでもバカウマになる☆
──────────
デパ地下でキハダマグロの赤身サクが安かったので購入。塩麹で漬け込んで冷蔵庫に寝かせる。
キハダマグロやビンナガマグロやメバチマグロだと塩麴漬けがおすすめ。

ミナミマグロ(インドマグロ)やクロマグロだったら塩マグロが美味い。
塩マグロっていうのは、サクに粗塩を適当に撫でつけて、20分ぐらいおいて水を抜き、さっと表面を洗ったら、そのまま食べるってやりかた。
生わさびをちょんとつけて、醤油はつけずに味わう。マグロそのものの味がはっきりと伝わってくる。
やや厚めに切って、常温の日本酒といっしょにやると、もうこりゃ辛抱たまらん!
 ──────────
さて、そろそろ仕事も一区切りつくから、買い物に行こうかな。
今夜はナニを食べよう?
ヤリイカが旬だから、新ジャガと一緒に炊こうかな。
あとブロッコリと豆腐を炒めて塩あんかけにしよう。
最近、気に入っているのが、トマトと新玉ねぎの味噌汁。鍋に水とだしパックと適当に切ったトマトをぶち込み沸騰させる。沸騰したらだしパックを取り除いて、スライスした新玉ねぎを大量にぶっこんでひと煮立ち。味噌を溶いて出来上がり。
──────────
最近、手揚げ風の油揚げをお肉代わりに使う炒めものが美味しい。
油揚げは、表面の油をサッと熱湯をかけて落とし、キッチンペーパーで水分を取る。そして、包丁で適当にカット。
フライパンを熱してオリーブオイルとごま油、おろしにんにく少々、生姜スライス少々、油揚げ投入。
油揚げに焦げ色がつくまで炒めたら、葉物野菜を投入。
酒、みりんを少々、最後に醤油をさっと一回しして火を止める。
ただ、これだけの簡単料理なのだが、実に美味しく感じる。
こないだまでは春菊が美味かったのだが、最近はもっぱらほうれん草。特売の三つ葉でやっても美味しかった。
──────────
我が家の冷凍庫に常備してあるもの。刻み長ネギ、スライス生姜、パピコ(白)、牧場しぼりor MOWのバニラかラムレーズン、虎杖浜のタラコ、積丹の塩ウニ、そしてロールイカ(業務用1kg)。
冷凍ロールイカのナニがいいかって、とにかく安いこと。うちの方では1kg1200円くらい。
冷凍ロールイカや冷凍むきエビの使いかたのコツは3つ。
まず、切る時は半解凍状態で。極端なハナシ、使う寸前に冷凍庫から出して、表面の氷だけ溶かす感じで流水にあてればいい。完全に溶けてしまうと、かえって切りにくい。
次に必ず湯通しすること。片手鍋に湯をグラグラ沸かしながら30-45秒。これをやると、臭みが出ない。
最後に加熱しすぎないこと。野菜炒めや焼きそばに入れる時も、ほぼ最後の段階で。
というわけで、昨夜の夕飯は冷蔵庫整理のためのイカ焼きそばでした。
──────────
我が家のイカ焼きそば。
最初に冷凍ロールイカを湯通し。
キャベツや白菜などはざく切り。電子レンジで90秒加熱しておく。
まず、最初にフライパン中火でキャベツと長ネギをサッと炒めて、皿に取り出しておく。
蒸し麺はシマダヤ一択! 電子レンジで1玉60秒加熱しておく。フライパン中火に油を足して、麺投入。すぐに熱湯50ccと酢大さじ1投入。※酢がひじょうに大事!
下味の顆粒中華スープ、顆粒和風だしを適当にまぶす。おすすめはユウキ貝柱だし。
トングで麺の上下をひっくり返すように適当にほぐす(あまりイジらない)。
酸っぱい匂いが完全に飛び、焼き目がお好みになったら、湯通ししたイカを投入して、麺に味つけ。ソース味なら、どろソースを何回かに分けて投入。オイスターソース味なら、日本酒とオイスターソース半々にしたものを何回かに分けて投入。
火を切ってから、最初に炒めた野菜を投入して混ぜ込む。
野菜をモリモリ食べられる焼きそばです。
──────────
キッチンに常備してあると便利なもの。
ガーリックオイル……ガーリックスライスをオリーブオイルに漬け込んだもの。
ペッパーオイル……鷹の爪をオリーブオイルに漬け込んだもの。
この2つのオイルを常備しておけば、なんちゃってイタリアンは楽勝w
そして「オイスターソース割り」。
オイスターソースってドロドロしてるから、料理の最中、すぐに出てこなくてイラッとしたり、逆にドバアッと出てきすぎたりすることがある。
だから、最初から日本酒で割ってしまう。オイスターソース2:日本酒1ぐらいの感じで瓶に移し替えてしまう。いつものオイスターソースよりサラサラ。
隠し味程度にオイスターソースを使いたい時にも、とても使いやすくなります。
──────────
行きつけの八百屋で「青梗菜の花」ゲット。
青梗菜の花とは、青梗菜のフラワー(花弁)って意味ではなく、中心部の若くて柔らかいところ。春しか出てこない。
育った青梗菜に比べて柔らかく、甘みがある。
今夜は、この青梗菜の花とブラウンマッシュルームを軽くごま油で炒め、麻辣風味のとろみを絡ませたもの。
料理名はわかりませんw
──────────
今夜は、ブロッコリーとイカの塩あんかけ。
冷凍ロールイカを下茹でしておく。
生姜スライスとブロッコリーをごま油にて中火で炒める。
ブロッコリーに油が回ったら、水200cc+貝柱ダシを沸騰させ、塩で塩気をつける。
水溶き片栗粉でとろみがついたら、下茹でしたロールイカを投入。グツグツいったら出来上がり。
これ、白だしをつかって和風の味付けにしても美味しい。
お好みでオイスターソース風味でも良し。
コツは短時間で仕上げること。時間をかけると、ブロッコリーが柔らかくなりすぎる。(ちょっと固いかな)って程度でも、余熱でちゃんと火が通るからだいじょうぶ。

お味噌汁は、トマトざく切り+タマネギスライス。最近、こればっかw

そして、佐渡島のコシヒカリ☆つやつやピカピカ炊き立て♪
──────────
今日のフルーツはパイナップル。
まあまあ大きなサイズが198円で売っていたので。それにしてもパイナップル1個は凄い食べ応えw
パイナップルって、頭の方はあまり甘くない。
次は、この頭の方は料理に使ってみようかな。パイナップルサルサにしよう。
あと、ボケはじめたリンゴを、白ワイン煮にしなければ。
──────────
午後から上野へ資材買い付け。天然石の連を30本ほど、その他シルバーパーツなど購入。
帰り道に、吉池に。
正直言って、築地で働いたことがある人間にとって、上野アメ横の鮮魚はまったくもっておすすめできない。しかし、吉池だけは別。
インドマグロのサクと、スモークサーモン購入。マグロは塩マグロにて夕飯に。スモークサーモンは、後日、パスタに。
──────────
今夜は、ツナとゴーヤのチャンプルー。水切りした絹ごし豆腐、ツナ、卵、2mmスライスのゴーヤ、スライスしたマッシュルームで。味付けは、だしつゆを合わせて。
スモークサーモンと新タマネギスライス。スモークサーモンの塩っけがあるから、オリーブオイルとミックスペッパーだけで。
ほうれん草のお浸し。お浸しといいながら、ポン酢醤油で和えるけど。
かき菜と油揚げのお味噌汁。かき菜って、この時期しか出回らないからね。見つけたら買わないと、食べ損ねてしまう。
なんか、ぜいたくなメニューに見えるけど、冷蔵庫のあまりもの処分。
本日、ちゃんと買い物したのは、ゴーヤとかき菜だけw
──────────
昨夜の夕飯は、
「ピーマンと豆腐の中華あんかけ」
豆腐を水切り、ピーマンはやや細めに切っておく。最初にフライパン強火、オリーブオイルでピーマンを30秒炒めて、別皿に取り出しておく。フライパンで水200ccと酒、ハム薄切りを刻んだもの、中華だし(香味シャンタンなど)、胡椒、塩を沸騰させたら、豆腐投入。とろ火で10分ほど煮る。片栗粉でとろみをつけて、塩・胡椒・味醂で調味したら、ピーマンを入れて火を止める。
※ポイントは豆腐の水切り。しっかり水切りすること! そして、ピーマンたっぷり。1人1袋!
「新じゃがいもの細切りサラダ」
じゃがいもはスライサーで細切り。水に2-3回ほど晒した後、沸騰したお湯で20秒ほど湯掻く。酢・オリーブオイル・ミックスペッパー・塩で味付け(やや酸っぱめが美味しい)。
スライスしたピーマンやパプリカ、人参など加えると彩りキレイ。ポン酢・ごま油で中華風もアリ。
※ポイントはシャキシャキ感。
「トマトとセリの味噌汁」。
──────────
今日の夕飯は
「青梗菜とエリンギとカニカマのオイスターソース炒め」
青梗菜は、葉と茎で半分に切る。エリンギは3cmくらいの輪切り。カニカマは適当に裂いておく。大さじ1のごま油で、おろしニンニクと青梗菜の芯を強火で炒め、ややしなっとしたら葉とエリンギを投入。100ccの水+酒+みりん+オイスターソースを2回に分けて投入。青梗菜に火が通ったら、火を止めてカニカマと片栗粉投入。再点火してとろみをつける。
※本当はマッシュルームでつくるんだけど売り切れ… そういう時はエリンギで代用w カニカマの代わりにイカでも美味しい。みりん強めにすると白飯が進む♪

「こんにゃく鰹節炒め」
こんにゃくは、指で小さめの一口大に千切り、湯掻いてから水切り。針生姜を用意。ごま油にて中火でしっかりバチバチ炒める。こんにゃくの表面が白っぽくなったら、めんつゆ+みりん+砂糖で味付け。出来上がりに鰹節であえる。お好みで七味唐辛子または粉山椒。
※こんにゃくをしっかりと炒めると、味がちゃんと染みます。
 
「春菊とプチトマトの味噌汁」。
──────────
昨夜の夕飯は「牛テールスープ」。
牛テールは冷凍品。凍ったまんま、水の中に30-45分くらい漬ける。すると、汚れがとりやすくなる。水からグラグラと30分下煮。
その間に具材の用意。
大根は、うちは買って皮を剥いて切って、冷凍してある。凍ったまま、水から下煮。
タマネギを大きめのくし切り、生姜とニンニクを厚めにスライス。長ネギをたっぷり白髪ねぎに。
下煮したテールを流水で洗う。その後、大根と共に圧力鍋に投入。鍋に、臭み消しの長ネギの青いところ、生姜とニンニクのスライス。旨味のための、タマネギ、干し貝柱、干し椎茸、昆布。酒、みりん、米酢少々。塩少々。
圧力鍋でシュンシュンと45から50分。その後、火を切って自然放置で圧力を抜く。
圧力が抜けたら、通常の鍋に入れ替え、生姜ネギを入れてひと煮立ち。塩と砂糖少々、お好みでブラックペッパーで味付け。
牛脂が気になる人は、鍋を入れ替えて冷まし、固まった牛脂を取り除いてください。
中途半端に余ってしまった時は、トマトをオリーブオイルで炒めて入れると、これまた旨くなります。
──────────
今夜の夕飯は「ホタルイカとアスパラガスのバター炒め」。
アスパラガスは、皮の硬い部分は剥く。電子レンジで軽く下ごしらえ。(1束1分程度でOK)
ニンニクを厚めにスライスして、弱火でたっぷりめのバターでしっかりと香りを立たせる。にんにくを取り出してから、ホタルイカ、下ごしらえしたアスパラ投入。ミックスペッパーと醤油少々で味付け。
※コツは、ホタルイカとアスパラに火を通しすぎない。どちらもバターがからめばOK。

副菜は「芥子菜のおひたし」。さっと湯掻いて、出汁で。
スープは、昨夜の牛テールスープの残りを、炒めたトマトで増量したもの。

今年の冬は野菜が高騰して大変だったけど、春野菜はひじょうにお安くて助かりますねえ。緑黄色野菜がいっぱいとれる♪
──────────
それはそれは立派な葉付き大根が1本128円だったので購入。
まず、葉っぱは刻んで、ビニール袋にぶっこみ梅酢でモミモミ→冷蔵庫へ。
綺麗に洗って、皮を5ミリぐらい厚めに剥く。この皮はお味噌汁用にカットして冷凍庫へ。(細切りしてきんぴら大根にしても美味しい。即席漬けにしてもパリパリ美味しい)
上3分の2を、煮物に使いやすいサイズにカット。隠し包丁を入れて、冷凍庫へ。
大根は冷凍しておけば、軽く下煮をするだけで、やわらかーくなるのです。(細胞膜が破壊されて味も染みやすくなる)
残りの下3分の1は、せっせと大根おろしに。軽く汁気を絞って、1回分ずつをラップにくるみ冷凍庫へ。(使う時は室温で戻す)

いやあ、冷凍庫が大根でいっぱいだ。
この冷凍大根があれば、副菜の大根の煮物がすぐに出来る。
うちの食卓を支える冷凍大根☆
──────────
形の良い新ジャガが1kg198円だったので購入。
3コくらいを「和風ツナポテトサラダ」に。
新ジャガは皮が薄いのでスプーンで剥く。適当にカットして煮る。
オニオンスライス用意。新玉ねぎだったら水にさらさない。量はお好みで。(私はたっぷり派)
キュウリをスライスして塩もみ。水気を切っておく。
ツナ缶はノンオイルタイプ。水気を軽く切っておく。
ジャガに火が通ったら、余分な水分を捨てて、鍋で乾煎りして粉ふきいもに。
粉ふきいもを潰しながら、酢・オニオンスライス・ツナ缶・白だしを混ぜ込んでいく。
※お好みで、白だしではなくノンオイル梅ドレッシングで調味しても美味しい。
粗熱がほとんどとれたら、キュウリスライス投入。
食べる時に、花かつお、大葉、かいわれ大根など散らして頂く。
マヨネーズはお好みで後添えで。
私はわさびマヨネーズ(マヨネーズにチューブわさびを混ぜ込む)が好きです。