大人もムヒパッチ

涼しくなってきましたね。今年の夏は暑すぎて蚊があまり活動できなかったようで、今になって活動が活発化したみたいです。私はこの間外に出てたら虫さされが増えました。
すぐ側に3歳の美味しそうな子がいるのになんで私を狙うんじゃい!私の方が体温高いの?私の方が皮膚からいっぱい二酸化炭素を出してるの?
虫に刺された直後にムヒパッチを貼ると被害拡大を防ぐことができます。ライフハック記事です。
ムヒパッチって何?いつ貼るの?被害拡大って?(根拠の怪しいまとめサイトにありがちな導入部)
以下は私自身が2016年8月にmixi日記で書いたものです。無駄にネット歴は長いから、他のテーマでも自分のネタから色々拾えるかも。
アンパンマンのムヒパッチには大変お世話になっている。神アイテムである。
子どもも貼ってるけど主に私が使っている。

子どもの通っている幼稚園は園庭に緑がいっぱいでやたらと蚊が多い。
そして私は体温が高いせいかやたらと蚊に刺されやすい。幼稚園にお迎えに行って入り口で先生と2~3分お話してる間に3箇所とか刺されることもある。
で、私は蚊に刺されるとやたらと腫れる。ひどい時は直径15cmを超える腫れ方をする(これは本当に稀だけど)。
更に、私は堪え性が無くて蚊に刺された箇所をやたらと掻きむしってしまう。おかげでいつも水ぶくれになったり水ぶくれが破れて傷になったり、その傷にわざとムヒアルファEXを塗ってその痛さを楽しんだりしている。
このように、蚊には毎年悩まされていた。

しかしある日、子どもがムヒパッチを貼っている時に一緒に貼ってみたところ、これらの悩みが一気に無くなった。
まず腫れない。そして掻きむしり防止効果により水ぶくれにならないから悪化しない。腫れないから痒くなくて掻かないのか、掻かないから腫れが悪化しないのか、そこの原理は知らないけど、とにかくいい効果が得られる。
刺されてすぐ、大きく腫れる前に貼るといいんだと思う。腫れてから貼ってもちっとも効かないからね、あれ。痒くなってからだったらムヒアルファEXを塗る方が35倍いい。

よく「あれちっとも効かない」って言うお母さんがいる。子どもに貼って手応えがないのか自分で貼ってそう言ってるのかはわからないけど、腫れてからじゃなくて腫れる前に貼ってみてほしい。
ムヒパッチは腫れてから痒みを止めるためのものではなく、腫れる前に貼って被害拡大を抑えるために存在するのだ。

但し、メーカーの池田模範堂がどう考えてるかは知らない。あくまで個人的な使用感である。

こういうこと書くとムヒパッチ及び池田模範堂のステマって言われそうだけど、たぶんマキロンのポケモンのパッチでも同じ効果が得られると思います。たまたまうちで買ったのがムヒパッチだっただけ。

おととい会社で打ち合わせしてるときに私の腕のムヒパッチが同僚の女の子に見つかり、同僚の男の人に「うちの子もそれ貼っとるで」って言われたので、上記のことを大真面目にしかもナチュラルに、その場にいた全員に向けて力説しといた。

刺されてすぐに貼ると効きますぜムヒパッチ。及びその同等品。
ムヒパッチはいいですよ皆さん。
刺されたらなるべく早くムヒパッチを貼るんだ!