弓道の話

私は弓道部に所属していた。
高校から大学、社会人でも少しやっていたので10年程続けていた。
なにが良かったかって、これ、自分の中で始まって終わるの。
成績はいいほう、結構入賞、優勝、の証が家にある。よくまぁ大会でこういうの作る金があるなっては思ったけど、弓道連盟に払うお金も参加費も結構するのよね。
運動は嫌いではないが、体育は嫌いだった。球技は苦手だった。バッティングセンターはストレス発散。
弓道は運動部ではないような気がしてた。
練習も数をこなすものでは無い。
身体が覚えるものだし、各筋肉の動きを、骨のかたちを記憶していればそれは中る型になった。
正射必中とはその通りで、緊張もしない。無いっていうか、緊張したら強張って、弓は大きくしなやかに引き分ける事もできず、のびることのできないので、矢は放たれることができなくなる。
弓やりたい。
そこにあるのは、自分の世界。