飯炊き沼に嵌ったかもしれない。

日本最大級のレシピサイトのお世話にならないと、煮物ひとつもまともに作れないのだけど、料理をするのは好き。レシピサイトのおかげもあって、毎日そこそこ美味しいものを食べられてる。ありがたい時代に生まれたなぁと思う。
もともと物を作るのは好きなので、毎日台所に立つのもあまり苦に思わない。だけど、最近どうも拗らせはじめている気がして、じわじわと危機感を感じている。
実家では全く料理をしていなかった。
そんな私が台所に立ち始めた時の我が家の晩御飯は【おかず一品・汁物・白米】というメニュー。これが、炊飯器でご飯が炊けるまでの約50分間に作れる精一杯だった。火にかけたものを放置できずに、炒め物でも煮物でも、片時も離れずに見守っていたせいで、おかずが一品しか作れなかった。二人分の量が分からなかったから、毎度一品のおかずを3~4人前くらい作っていたと思う。
それから少し慣れてきて、【メインのおかず・サラダ・汁物・白米】が用意できるようになった。レタスや水菜をちぎるだけだけど、サラダが増えて、食卓は少し華やかになった。
そして今は【メインのおかず・副菜・サラダ・汁物・白米】を基本に、一汁三菜らしく作れるようになってきた。半年で、我が家の食卓はずいぶんとそれらしい形になったもんだ。
レシピサイトを見ながら毎日の献立を考えるのは楽しいし、整った食事で一日を終えるのはとても満足できる。だけども、どうも毎日料理を作ることに縛られはじめている気がする。
旦那は、当初のようにおかずが一品でも十分だと言ってくれる人で、むしろ「たまには炒飯だけとかでも大丈夫だよ」と気遣ってすらくれる。一汁三菜を作ろうというのは、ただ私が自分に与えているノルマに過ぎない。なのに、手が抜けない。プログラミングでもされたかのように一汁三菜目指してご飯を作ってしまう。
たまに友達と飲みに出かけて、夕食作りから手を離してみたりはするのだけど、一日サボったからまた次の日からしっかりやらないと、という気になってしまう。余計頑張ろうとしてしまう。真面目かよ!!
夕飯作りは手を抜いてもいいのだと分かってはいる。
でも、手を抜くと翌日のお弁当のおかずが無いし(朝作るのは卵焼きが限界)、冷凍食品は1日1個までにしたいし、御惣菜買うと高くつくから出来るだけ自炊したいし、最近お弁当が自分の分+旦那の分になったから余計におかずががががががガガガ
楽しくやっているつもりだけど、これは今後確実に自分の首を絞めると思う。
今のままだと、そのうちパンクして、理不尽に旦那に八つ当たりとかしてしまいそう。
よろしくない。非常によろしくない。
作り置きが出来るようになったら楽になるのかな?作り置きは作り置きで、冷凍するもの以外は「食べ切らねば」という焦燥感に追われそうで、うまく作れない。
底なし沼に片足落ちてしまったような気分。どうしたもんかしらん・・・。