30箇条の日2020

毎年5月下旬のとある日は30箇条の日としている。叶えたい項目をとにかく30個ノートに書く日だ。今年もそろそろその日が近い。
今年は何を30箇条とするか考える前に、昨年のものを振り返ってみようと思う。


△2019年の記事
△2019年に書いたもの

子供っぽい字だが、普段仕事のときはもう少しちゃんとした字を書いている。
リラックスして書いていたものなので字が伸び伸びしているだけだ。言い訳だ。



・白で隠してあるのは業務内容。永遠に慣れない。上手くなることなんてあるのか。ただごまかしは利くようになってきた。(全然よくない)

・大好きな人たちとたくさん会える、というのは主に友人のことだが、そうでもなかったなぁ。2019年中に会ったのは2人、だったか。全然会ってない。電話もLINEもしていない。

世の中の人たちがどれだけ頻繁に友達と連絡とってるのかその実態も知らないので比較しようが無いが、そもそも生活の中で友達を意識する場面がない。

それを「寂しい人だ」と言われるかもしれないけど、それはそれ、これはこれで
楽しくやってるんだなこれが。確かに無性に寂しくなることもあるし、そのときどうしたらいいかはわからないけど。
それも含めて大人になったなぁ。

・そんな関係でも友人の結婚報告には心が温まるので、自分の人間関係の稀薄さにもまだ血が通っていることがわかって安心する。


・幸せを実感しながら生活しているってのはもう、無理矢理そう自分に思い込ませながら生きているところもあるが、達成。健康=幸せ!みたいな。起床=幸せ!っていう。

生きてる=幸せ!
お風呂でさっぱり=気持ちいい!
洗いたてのパジャマ=いいにおい!
トイレに行ってスッキリ=最高!

たぶん一般的な同世代と幸せのステージが違うと思うけど、幸せって人それぞれだからね。大丈夫だよわたし、大丈夫だいじょうぶ(言い聞かせ)

・スタイルはよくなってないが、食べ過ぎてもまだリカバリーできるから達成できていることにしよう。甘いものを積極的に摂るのを止めたらお肌がきれいになってきたからこれも花丸。

・語学はあきらめました!!潔し!!
・私を大切にしてくれる人もいまいちピンとくるような人は現れておりません!!
今となっては大切にしてくれるよりも、無償で特別にベロベロに甘やかしてくれる人がいたらいいよね、と世の中舐めきった思いが浮かんで消えずに処理に困っています。

・足に合うヒールは見つからないけど、かわいいローヒールパンプスは見つかったので、別のパターンで満足できたから叶ったと言える。



2019年の30箇条は思っていたよりも実現度が高かった。後半は抽象的でぼんやりしているが、当時の自分のメンタルがぼんやりしていたってことだ。よく頑張りましたね私よ。

さーて今年はどうするべな。記念すべき30歳の年。ここは丁寧に自分と向き合って、叶えたいことをなるべく具体的に書き記したい。大切な自分と周りの人のために。
30箇条の日、大切な時間にしようと思う。



(何にしよ、う~ん「一発バズる」とかにしようかな~!)