ふくらむ


ステイホームが謳われだしてから、美容院へは行ってない。

行きつけの美容院から、「予約は常連のお客様だけにさせて戴きます。」という案内のハガキが届いて、ああ、そうか~。美容院だって対策大変だわねえって思ったのは、確か4月前半の頃のことだったと思う。
「新しい常識」が盛んに言われるなか、緊急事態宣言は徐々に解除される気配。

固まっていてばかりでは、家にこもっているだけでは駄目なのだ。
識者と言われる人たちは、口々に言う。
それはそうだろうな。
誰にだって「生活」があるもの。

それでも、ワクチンができた訳ではなく、もし、今、私が倒れたら・・・と思うと
(倒れた訳ではないが、それでなくても色々支障はある。)

私が美容院へ行くのは、随分先になりそうだよなあと思う。

それほど伸びないよねと高をくくっていた髪の毛は、なんだか伸びた・・・というより、頭が膨らんだんじゃない?といった印象。

これは・・・なんだろう・・・何かに似ている・・・。

マ、マタンゴ??
https://dic.pixiv.net/a/マタンゴ


こうして、お洒落や垢抜けた生活からどんどん遠ざかっている私だけれど
ふと気づけば、それはコロナによってではなく・・・

「貴方、いっつもそんな風だったじゃない?」

・・・・色々なことが明らかになっていく、今日この頃。