【エッセイ公募】みん経コラボコンテスト第1回「地元の味」を開催します!

※2019/04/15補足説明の追記あり
※5/10に応募を締め切らせていただきました。たくさんのご投稿ありがとうございました。
いつもShortNoteをご利用いただき、ありがとうございます。
この度、地域のニュースメディア「みんなの経済新聞ネットワーク」とコラボし、「地元」にまつわるエッセイコンテストを開催することになりました。
第1回目となる今回のテーマは「地元の味」。みなさまから地元の思い出が詰まった食べ物・飲み物に関するエッセイを募集します。


●みんなの経済新聞ネットワークとは

地域のビジネス&カルチャーニュースを配信する、各地の情報サイトで構成されるメディアネットワークです。その数は国内117サイト、海外10サイト(2019年3月時点)。「街の記録係」として、展覧会やライブなどのカルチャー情報はもちろん、ニューオープンの店舗情報から地元企業の新しい取り組みまで、幅広いニュースを取り扱っています。

▼みんなの経済新聞ネットワーク
https://minkei.net/


●みん経コラボコンテスト第1回「地元の味」とは


「みんなの経済新聞ネットワーク」とのコラボによる、「地元」をテーマにしたエッセイコンテストです。

第1回目となる今回のテーマは「地元の味」。地元ならではの思い出が詰まった、忘れられない食べ物・飲み物に関するエッセイを募集いたします。文字数は400〜500字程度。

※地元の定義は人によって少し異なるかと思いますが、今回は「今まで住んだことのある、思い入れのある土地」を「地元」と定義します。

前回開催した「地味杯2018」と同じく、今回も優秀作品を収録した同人誌を作成いたします。


●投稿方法

ハッシュタグ「#地元の味」と「#都道府県名(例:#東京都)」をつけて、ShortNote内でノートを書くだけ!

※文字数は400〜500字程度
※タイトルは必ず記入してください
※画像をつける場合は、1投稿につき1枚まで
※投稿は1人何回でもOK!


●応募期間


2019年 4月8日(月)〜 5月10日(金)23:59


●審査員

山田ズーニー(やまだ・ずーにー)
文章表現インストラクター
Benesse小論文編集長として年間5万の高校生の考える力・書く力に尽力し2000年独立。現在、慶應義塾大学をはじめ多数大学・企業で文章表現力・考える力の教育を展開。著書に『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『あなたの話はなぜ「通じない」のか』他。 「おとなの小論文教室。」連載中。
河瀬璃菜(かわせ・りな)
料理研究家・フードコーディネーター
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食にまつわる様々な活動をしている。近年では地方を元気にするための6次化商品の開発に力を入れている。著書『ジャーではじめるデトックスウォーター』『決定版節約冷凍レシピ』『発酵いらずのちぎりパン』 など。
西樹(にし・たてき)
シブヤ経済新聞編集長/みんなの経済新聞ネットワーク代表

宮脇淳(みやわき・あつし)
ShortNote運営会社「有限会社ノオト」代表


●賞品

選ばれたエッセイは同人誌に掲載させていただきます。また、最優秀賞、優秀賞に選ばれたエッセイの投稿者には、Amazonギフト券をプレゼント!

最優秀賞(1作品):Amazonギフト券30,000円分+同人誌
優秀賞(2作品):Amazonギフト券10,000円分+同人誌
佳作(7作品):同人誌

※Amazonギフト券の受け取りには、Amazonの登録アカウントが必要となります
※同人誌の受け取りには、住所情報が必要となります


●結果発表


6月上旬を予定


●FAQ


Q:応募期間は?
A:2019年4月8日(月)〜2019年5月10日(金)の23:59です。

Q:何本投稿してもいいの?
A:OKです。

Q:同人誌に掲載されるのは1人1作品ですか?
A:複数の作品が掲載されることもあります。

Q:過去に書いたノートを再アップしてもいいの?
A:新鮮さが薄れるので、審査上は少し不利になるかもしれません。もし再アップする場合は、古いノートを更新するのではなく、新規投稿でお願いいたします。

Q:自分の他サイト(ブログ、SNSなど)からの転載は?
A:上と同じ理由により、審査上は少し不利になるかもしれません。リライトして別エッセイに仕上げていただくことを推奨します。

Q:公開したノートをあとから編集してもいいの?
A:内容が変わると審査評価も変わってしまうため、NGです。

Q:盗作は?
A:ダメ。ゼッタイ。

Q:画像は何枚まで?
A:1作品につき、1枚までです。画像なしでも大丈夫です。

Q:画像の大きさは?
A:小さかったり画質が低かったりすると印刷が難しい場合がありますので、横640px以上で鮮明な画像をアップしてください。

Q:どんな画像でも使っていいの?
A:著作権の都合上、ネットで拾った画像などは×。自分で撮影したものや描いたものが好ましいです。

Q:文字数は400〜500字以内じゃないとダメ?
A:多少前後しても大丈夫ですが、大幅に前後すると、審査上は少し不利になるかもしれません。

Q:文字数はどうやって数えるの?
A:本文入力欄の右下に文字数が表示されます。改行は文字数に含まれません。

Q:ハッシュタグやタイトルは文字数に含まれるの?
A:含まれません。

Q:ハッシュタグやタイトルは審査対象なの?
A:タイトルは審査対象となりますが、ハッシュタグは審査対象外です。オチや補足情報をタグに持ってくるのは避けたほうがよいでしょう。

Q:「ハート」や「励ましのお便り」の数は審査に影響するの?
A:影響しません。

Q:地元の定義は?
A:今回は「今まで住んだことのある、思い入れのある土地」を「地元」と定義します。

Q:審査はどうやって行っているの?
A:審査は2回に分けて行います。1次審査では、ShortNote運営チームがすべてのノートを読み、選考します。2次審査では、1次審査を通過した作品の中から、審査員4名が受賞作品や掲載作品を投票して決めます。

Q:同人誌に掲載されやすいノートの傾向や選考基準は?
A:3点あります。

1. 地元の味に関する話であるか
地元の食べ物・飲み物に関する話であること。今まで住んだことのない土地はNGです。
例)
✕ イタリア旅行で食べたパスタがおいしかった。
◯ 実家のそばにある喫茶店で食べた、ナポリタンがおいしかった。

2. 思い出の味であるか
思い出の味をつづったものであること。単に地元の味を紹介する内容やリアルタイムの出来事は避けたほうがいいです。
例)
✕ 市販のコーラよりもご当地コーラの方がおいしいので、ぜひ飲んでほしい
◯ ずっと苦手だったご当地コーラをおいしいと思えたのは、10年前のことだった。

✕ 昨日はコーラを飲んだが、今日はカルピスを飲んだ。
◯ いつも飲んでいたコーラ。その日はなぜか特別な味がした。

3. 誤字脱字がない
どんなに内容がよくても、誤字脱字があると残念ながら受賞の可能性が低くなります。投稿前に、3回ほど読み返すことをオススメします!

Q:受賞した場合、辞退してもかまいませんか?
A:「応募はしたけど受賞は辞退」はナシでお願いします。また後日、受賞ノートを非公開にしたり削除したりしないようご注意ください。

それでは、たくさんのご投稿、心よりお待ちしております!
※2019/04/15追記