ただいま

ただいま〜。
帰省から帰宅しました。
約1週間。
月曜の夕方出発して、日曜の早朝に戻ってまいりました。
帰省で、嫁業を務めてきたので
充実したも、なにも無いんだけど、充実はしていたが、
色々と心と時間と体力の余裕が全く無く、とにかく、怒涛の日々でした。
7月末に受けた特定健診からの記憶が曖昧で、そこからワープしてる感じ。
いや、正直いうと、今年は記憶が曖昧になるほど、なんだかのんびり過ごせない日々が多い。
その中で唯一のオアシスは、
嵐ファン仲間である友達に久々に会えたこと。
久々に御堂筋線に乗り、梅田まで行き、梅田のジャニーズショップに行き、ランチして、いっぱい話してきた。
最後に食べたデザートの美味いこと美味いこと!
大阪滞在最終日、最後に義母に帰宅の挨拶をして、義兄夫婦に会い、豪華な夕食をご馳走になって帰ってきた。
帰り着いた自宅は、土砂降りの雷雨で家に入るまでにびっちょり濡れてしまった。
傘をさしながら、お隣の車がまた、事故したのか、ドアがベッコリと削れていたのに、驚いた。
本当はせっかくの大阪帰省だから、子供達とUSJ行きたかったんだけどさ、体力的に無理で、
そんなところで自分の年齢を感じるんだもんね。
そして、義母がどうやら私たちのことがわからなかったらしいことを、帰省して気がつく。
旦那は相当ショックだったのか、
滅多に帰りたがらないのに、
「毎年帰ろう」と呟いた。
親孝行とか、どうでもいい。
そんな格好良いもんじゃなくて、
自分が悔いを残さないように
親に会いに行こう。
嫌でも、嫌いでも、会わずに悔いや後悔をするより、
自分が後悔しないように親に会いに行けばいい。
「あの時、会えば良かった」とか、そんな後悔するくらいなら、
たとえ会いたく無くても、後悔するよりマシなんだ。
それは、ここ数年、決して仲がいいわけでは無い、実の両親の終活に付き合っての実感だ。
私自身が悔いが残らないようにせねば。
いろいろと思うところが満載な1週間を過ごした。
ただいま。
無事に帰りました。