贈り物

ここ数日酷く体調を崩していた。
昨年から時折くる胃痛のせいで
4日間ほど仕事を休んでいた。
原因はストレス。よくある話。
週末にイベントがある為にその準備で何としてでも今日は出勤しなくてはいけなかった。
病院でもらった鎮痛剤をたよりに。
営業が始まってすぐに店の電話が鳴る。
電話の主は当店No. 1クレーマーのNさん。
Nさん「今日は出勤してんねんな」
私「してますよー?なんかあったんですか?」
Nさん「11時くらいに行くからいとけよ?」
私「承知しました。。」
正直、来んなと思いました。また無理難題をいただくんやろなと。
過去に他の売り場のクレームも対応させられた事もありました。確か布団の肌触りが悪いとか。。知らんがな!!
憂鬱な気分で待っていると11時ぴったりにNさんが売り場に登場されました。
口が悪いから誰もが尻込みしてNさんに怒鳴られる。これがいつものパターン。
やから私はいつも率先して話をしに行くようしてました。
しかし今日はなんだか違う。
Nさん「体調どうやねん?」
私「まだ本調子ではないですけ ど明日イベントですし何とかきました」
Nさん「そうか。これ食うて元気だせ」
びっくりして声が裏返って「え?!」って言うてもうた。
「お前くらいしかきっちり話聞いてくる奴がこの店にはおらんから体調崩したって聞いたら心配なるやんけ?やし見舞い持ってきたんや」
本間に泣きそうになりました。
誰かが、ちょっとでも自分の心配をしてくれていることが。
クソみたいな仕事やけど初めてやってて良かったと思えた瞬間でした。
ありがたく食パンを食べながらこれを書いてます。
また無理難題を課せられるんやろけど今までとは違う気持ちでこなせるかも?
本間にNさんありがとうございました。