勤務中にお菓子を食べることはどうなの?(一部追記、更新しました)

ちょっと気になる記事を見たので・・・
勤務中におやつを食べる新人って普通?
この記事の筆者は、おやつを含め、むやみにものを食べるべきではないし、それがルールという考えでいるのですが、対象の「新人」にとっては、仕事はちゃんとしているしお客様との応対もできている「つもり」だから、そうでないときにちょっと小腹が空いたからというのが考えだと私は思いました。
でもこの筆者は、
「むやみにお菓子を食べながら仕事をしてはいけない、それがルール」
だと主張したいんだと思います。
現在では、たとえば、通勤電車でもス○バを飲み飲み乗っている人、菓子パンをかじりながらホームで待っている人、通勤電車で移動中に、お弁当食べている人、いろいろいらっしゃったりします。
この場合の、私が新人クンだったらの反論ですが、ン十年まえにしたことがありますが、
じゃあ、たばこ嫌いだけど隣の席でタバコ吸われるのはもっと嫌だからやめてほしいのは我慢しなければいけないの?
でした。
これも、やや振りかぶって投げてますが、ちょっと屁理屈と同時の周りの考えでした。
残念ながら、いまの世の中では、ある程度は譲歩しある程度は、迷惑にならないようにというのが「お作法」のような気もしています。
たとえばですが、デブ4人で、5人掛けの席に座っていて、その間にさらにデブが割り込んでくるのは、どうも「お作法」的には困ったものなんですが、そもそも空いていること、そのデブが仮に身体が弱く、立っているのが困難な場合、やっぱり許容し、スペースを共有しないといけないんだと思います。
というように、たしかに、のべつくまなくむしゃむしゃしていたら、それがみっともないなら、目安を作るしかないのでしょう。この記事の書き込み欄は、おおむね、今の時代、それで目くじら立ているのがどうかといった意見が結構あったように思います。
そうなると、職場でのルール作りというのは必要になりますね。
せちがらいかもしれませんが、昔は、残業でがっつり外に食べに行くことありましたが、いまや、事務所のビル内にコンビニがあったりし、ちょっと軽食が取れるケースもありますし、たとえば、コンビニで「蒙古タンメン中本」をかって、自席で匂いぷんぷんで食べられるのはさすがに・・・という人もいらっしゃるでしょうから、みんながどの辺で「程」をとるかというところが大事になってきたのかなとは思います。
正直、今なら、「喫煙所に行く時間」が大事な気分転換になっている人もいて、喫煙していない私は、「たばこ休憩のような“おおっぴらにできる休憩”がほしいなあと思ったりしています。
と、ある程度、今風?の人の肩を持ちましたが、実際のところ、「ある程度」の線引きは必要でしょうし、それこそ、「ちょっとおなかが空いて集中できないので食べていいですか」というのも言っておくのがよいのではと思いますし、ちゃんとこの筆者さんと話をするのも一案だとは思いました。
追記:
自分の勤務先の服務規程には、「職務に集中する」旨の記載があったのですが、取り様によっては、お菓子をたべながらやっちゃだめ、になるわけですよね。
それ以外にも昼食のタイミングや残業食のタイミングもありました。
難しいところですが、逆にいうと、いまは、あまり「目くじらをたてていない」が多くなっているので、このリンク先の筆者の意見を言われると、あ、そ、そうですが・・・となる職場もあると思いますね。
同様に、勤務中のネットでの業務外の閲覧も考えればアウトですからね。
その意味では、「規則を振りかざされる前に自分で調整しなさい」なのでしょうかね。
ちょっと勉強になりました。
さらに追記:
最初のリンクの方が追記事を上げていました。
こんな企業はブラック企業?
お菓子を自由に食べているのが「ブラック」との見方があります。
うーん。