…がない!
井上陽水の唄の事ではない。
梅雨といえば雨、雨といえば傘。
当たり前だ。
が、今オヤジは傘がない!
というよりも、正直言ってマトモな傘というものを買った記憶がないんだ。
小雨程度なら傘をさす事はないし、台風では役にたたない。
出先で降られりゃ、仕方なしにコンビニにビニール傘を買うが、いつのまにやら骨が折れたり曲がったり、ビニールが剥がれたり、挙句の果てには、どこかに置き忘れたりして、いつのまにやら消滅している。
これではイカン!
と、今朝突然思った。
モノを大事にする気持ちは愛着からはじまる。時計にしても万年筆にしても、愛着の湧く道具は大事にし修理もし長く使える。
いや、使おうと思う。
そこでオヤジは一念発起し、清水の舞台(ほど大袈裟ではないが…)から飛び降りる勢いで、『傘』を買おうと考えている。
どんな傘をチョイスするか…
条件は、丈夫で長持ちする、いわゆる『こうもり傘』を目指したい!
ちなみに、今朝はまともに雨が降ってたので、傘を持ってきた。
娘が使っていたヤツだ。
これはこれで、ギャグなんだがな。。